(注意喚起)以前使っていた自分の独自ドメインがエロサイトにされていた話

こんにちは やぐらです。

 

自分の独自ドメインがエロサイトにされていた

というお話です。

 

独自ドメインを複数所有していて

解約したことがある方はご注意ください

 

自分は

いくつか別のホームページを持っております。

 

その別のホームページを作る際に

「お名前.com」で、

 

「yagurajirou.(ドメイン)」

というのをいくつか取得しました。

 

で、ちょっとめんどくさいことになりそうなのが

 

yagurajirou「.xyz」

 

というやつ

 

これにアクセスすると

海外のエロサイトにアクセスします

 

あえて「」にしたのは、直接アクセスしないようするためで、

もし見たいときは自己責任でお願いします。

 

 

このドメインは

自分がブログを始めたときに取得したものです。

よくわからなかったので

最初のうちは、とにかく低料金なやつにしました。

 

「.xyz」は「初年度30円」でした。

更新すると年間1400円くらいになるので、

1年間だけ使って

更新のタイミングで解約しました。

現在は全く無関係です。

 

しかし、google の検索のほうに登録されてしまうと

元のサイトの情報はずっと残ってしまいます。

 

通常、サイトが消滅していれば

サイトのアドレスにアクセスしても

「not found」

と出て見れなくなります。

 

しかし、

そのアドレスを誰かが新しく取得いるときがありまして、

(取得すること自体は問題なし)

この場合は、検索結果のサイトにアクセスすると

新しいサイトがありますので

そのサイトが表示されます。

 

 

なぜ、新規でつくらず

わざわざ他人が使っていたものにするのかといえば

その以前の独自ドメインが

ある程度アクセス数があったものだと

最初からアクセス数を稼げるので、

「中古ドメイン」

と、呼ばれたりして、

サイトの立ち上げが新規のものよりも

スタートの時点で有利といわれております

(アクセス数が大量にあるドメインは

個人間の譲渡とかもされているようで、

何十万円もする「中古ドメイン」もあります。)

 

 

期限切れ後のドメインが、何か他のサイトになっていた

という話は公的機関でもありまして、

www.nikkeibp.co.jp

 

期限切れのドメインなので、

新たに取得した側がどう使おうと自由ではありますが、

どう考えても、検索した側は勘違いしますよね。

 

その辺が新しい業者の狙いでして、

どんないかがわしいサイトでも

検索結果からアクセスした人のうち

10、000件につき何件とか一定数の人が、

すぐにページを閉じず、

さらにそのサイトの他のページを見ていくんだそうです。

 

独自ドメインを期限切れで使用しなくなった方は

一度アクセスしてみることをおすすめします。

 

それと、もうひとつ気になることを。

「著作権フリーの写真」についてです。

 

自分の期限切れのドメインがエロサイトになっていたのを

どうやって気づいたのか?

 

簡単に説明しますと

いま、ちょっと新しいサイトを作ろうと思っていまして、

「yagurajirou」

で、検索したらどう表示されるのか?

を、確認していました。

 

それで出てきた検索結果は

主に、

・他ブログの記事

・amazon で出版した電子書籍

・メルマガで自分が発行しているやつ

です。

 

そのなかにあったのがこんなやつ

f:id:gogojuggler1969:20180505200729p:plain

 

yagurjirou がでてきます。

 

このサイトにアクセスすると

f:id:gogojuggler1969:20180505201006p:plain

女子向けお悩み相談、掲示板的なサイトが出てきました。

このサイト自体はごく普通のもので、アダルト的なものではないです。

 

そして少し下にスクロールしますと

f:id:gogojuggler1969:20180505201548p:plain

出典:yagurajirou「.xyz」とあります。

 

ブログを書いている方ならご存知だと思いますが

この写真は、「ぱくたそ」の著作権フリー写真です。

なので、正確にいうと、

自分がこの写真の所有権を持っているわけでありません。

 

もともと yagurajirou「.xyz」に、

社内の女子社員の派閥について記事を書いたときに

それっぽいイメージをあらわすためにこの写真を使ったんですね。

 

こうなった理由はおそらく、

この写真を、もとの「ぱくたそ」からではなく、

自分の記事からコピーしてアップした

と思われます。

 

この状態は、問題なしでいいのでしょうか?

著作権は法律を何度読んでも

自分の頭では正確に理解できているのかどうか怪しいので

詳しい方にお任せします。

 

この状態が気になったので

「そういえば前にこのドメイン使ってたけど今どうなってるの?」

と、おもって yagurajirou「.xyz」をクリックしたら

「not found」ではなく

エロサイトにつながった

というわけですね。

 

このサイトから同じようにアクセスした人は

yagurajirou のイメージが悪くならないですかね?

別に自分が有名人でもないので

気にしなければそれでいいのかも・・・

 

今回のお話はここまで

 

サイトを複数持っている方、

ドメインを期限切れにしたことがある方は

たまに、チェックすることをおすすめします。

 

では。

 

 

謝ったら死ぬのか?問題

こんにちは やぐらです。

 

日大アメフト部のニュースからだいぶ日にちがたちましたが、ずっと気になるのは「謝ったら死ぬのか?」ということです。

 

直接の原因をつくったM選手は割と早めに謝罪の記者会見をして、世間的にも相手にも許してもらったかたちになっていると思います。

(示談金の支払いとか、出場停止とかそれなりの義務的なものはありますが・・・)

 

で、その上の監督やらコーチやら理事長やら学長やら

「謝る?このオレさまが?なんで?」

みたいな態度に終始してます。

 

特に自分の世代(もうすぐ50代)以上は謝ることをしない・・・というイメージです。

 

とっとと謝っておけば、たとえ過失があったとしても、いろんなことがスムーズに収束しそうな気もするんですが、まーとにかく謝らないですね。

 

今のところですが、監督コーチは役職を剥奪されて、アメフト部も試合できなくなって、のような事態になっていますが、この謝らない人たちのプライドより価値のある物を失ってしまっているのは間違いないです。

 

 

 

 

で、「謝ったら死ぬのか?」という話。

自分の経験のみで言いますと、

ある日車を運転していまして、普通の道路上で走っていた前の車が止まりました。

自分も普通に後ろに車を止めていたら、前の車が急に後ろに下がってきて、自分の車にぶつかり、前のナンバープレートに少し折り目のようなものが付いてしまったのです。

自分は車を降りぶつかったところを確認したら、そのナンバー部分だけだったので、とりあえずは「まあしょうがないか・・」と思っていたのですが、前の車から降りてきた女性ドライバーのひとことでブチ切れました。

 

女「あんたが後ろにいるのが悪いんでしょう!!」

 

さすがに頭に来て

やぐら「とりあえず物損事故だから警察呼ぶよ」

と警察を呼びました。

 

事故の損害も実際にはほとんどないのですが、さすがにこの発言はダメでしょう。

や「じゃあ、電柱にぶつかったら電柱が悪いのか?」

女「電柱とあなたは違うでしょう」

や「こっちは動いてないんだから同じだろう」

女「とにかくあなたが悪い」

うーん、日本語が通じないのか、自分の理解力がないのか一瞬悩みましたが、どう考えても自分に責任はないはず。

そうしましたら、女の車の同乗者も降りてきて(総数:女3人)この降りてきた人たちも全く同じことを言います。

 

これは、話を通じさせるのは無理と思っているうちに、警察が到着しました。

お互いを引き離されて、自分のほうに来た警察官に事情を説明しましたが、

警察官も「止まってる側がぶつかりにいくことはないですからねえ」と笑っていました。

自分としては、被害がほとんどないので特に何かを請求することはないが、相手に責任を認めさせて、謝らせてほしいと伝えました。

 

しばらくして、警察官同士がなにやら話をして、最終的には女3人は自分たちのほうが悪い、言い方が悪かったと謝ってきましたが、どーにも気分が悪いのはしょうがないです。

 

そのあともう一度警察官と話をしましたが、

や「とりあえずあやまれば済む話なんだけど、なんで謝ろうとしないんだろうね?」

警「あやまると責任が全部自分にくると勘違いしてる人多いんですよ」

警「交通事故だと検分とかして原因をしらべるので、謝罪のあるなしは直接は関係ないんですけどね」

や「まあ、そんなところでしょうねえ」

警「ケースバイケースですけど、調べてみると平謝りしてるほうが全く悪くない、とかありますからね」

 

ということでこの車の件はこれで終わりなんですが、

単純に「謝った後に自分になにが起こるのか?」というのを、知らないか、過去にいやな経験をしたか。

 

または、責任があることでもしらばっくれて逃げ切ってきたか。

(逃げ切れるのだから謝るだけ損みたいな考え方)

 

 

 

 

 

この交通事故みたいなのは、お互い知らない人同士なので、百歩譲ってそういう考え方をするのはわからなくもないです。

(いや、わからないけど)

知ってる人どうし、会社とか組織内でしらばっくれても平気な人というのは、ある意味すごいことです。

権力や地位でどうにかしようと思っても、権力や地位は下に人がいてはじめて役に立つものなので、下にいる人間がいなくなってしまった社長とかも知ってますが、そうなると誰も助けませんしね・・・

相手に対する敬意とか気遣いがあればそういうことはできないと思うのですが、ないんでしょうね・・・

 

自分が何かやらかしたとしても、相手を思いやる気持ちを持つようにしましょう。

最善をつくせば、何らかの形で自分に返ってくるはず、と信じるほうがいいです。

 

今回はこの辺で

では。

 

 

 

 

 

事件なんかがあったときの「呼称」についてお勉強しよう。

 

 

こんにちは やぐらです。

 

今回の記事はこちら

 NEWS手越と未成年女性の「飲酒パーティー」動画
(文春オンライン)

某芸能事務所の某タレントが未成年女性とお酒を飲んでいた、ということで番組休養なんかになっております。

 

で、ここの芸能事務所関係のニュースが出るたびに思うのは、他の事件関係と「なんとなく」違うことです。

とくに違うのは「肩書き・呼び方」のところですね。

「山口達也メンバー」と呼ぶメディアは何に配慮しているのか
diamond.jp

TOKIO「山口達也容疑者」ではなく「山口メンバー」に揶揄続出…ジャニーズへの配慮?
biz-journal.jp

この呼び方・肩書きですが、報道各社の決まりごとがありまして山口「メンバー」は実は呼び方としては「正解」なんですね。

(間違ってはいない、という意味)

 

おかしい印象を与えてしまっているのは、その前にあった「某稲垣メンバー」と「某草薙メンバー」のことがあるからです。

「某稲垣メンバー」は道路交通法違反、公務執行妨害、傷害罪で、「某草薙メンバー」は公然わいせつ罪で逮捕されているので、拘束されているうちは、呼称は「容疑者」になるはずです。

ただ、その後釈放されているので、そうなった時点で「さん」付けすればいいと思うんですが、なぜか最初から最後まで「メンバー」が付いてしまいました。

当時活字媒体はほぼ「容疑者」表記していたらしいですが、テレビはずっと「メンバー」っていってましたね。

しかも、他の芸能人で似たようなことがあった場合に「メンバー」表記はされないのでそのときの不自然さの印象が強いです。

今回また「メンバー」という呼ばれ方をしているので、逆に「容疑者」の隠語みたいになってしまっているような気が・・・。

厳密には山口「メンバー」は逮捕されてはいないので、普通に「さん」付けでいけばいいと思うんですけど・・・

(「某司会者」というのもありましたが、逮捕はされていないのでこれはOK?)

 

事件があったときの報道各社の呼称はどの会社もほぼ同じになっています。

刑事手続きの進み具合によって呼び方が変わりまして

「容疑者」

逮捕または指名手配された場合の呼称

「被告」

起訴された後から判決が出るまで

「受刑者」「服役囚」「死刑囚」

刑が確定した後

となってます。

 

逮捕されないで書類送検だけの場合は、「容疑者」を使わないようにしていて、

「会社員の男」など、職業や肩書きで報道して原則匿名なんだそうです。

ただ、「某メンバー」を「アイドルの男(46)」と職業で報道しても匿名性はあまりないので、実名報道してさらに「メンバー」をつけたのではないか、

という解説が多いですね。

 

ただこれねぇ~

人間がなんとなく感じる「違和感」をあまり軽く考えないほうがいいのではないかと思います。

先ほども言いましたが「メンバー」って、某芸能事務所のときだけに言われますからねえ・・・

あんまり言い過ぎると

「メンバー」=「某芸能事務所の容疑者のこと」

と、定着しますよ・・・

 

有名人になると、いろいろうっとうしいこともあるとは思いますが、本当に悪くないなら、そう主張すればいいだけのことです。

広辞苑なんかで「メンバー」という単語の意味に、あたらしい解釈が載らないように祈るばかりです。

 

ただ、この「メンバー」って考えた人のセンスはすばらしいですね。

ここだけはなんとか見習いところです。

 

では。

今のサッカー日本代表は、何かにこだわりすぎなのでは?

こんにちは やぐらです。

 

サッカーのW杯も近くなりまして、「違う意味で」大変盛り上がっているようです。

代表の監督が交代(更迭?)されて新しい監督になりましたが、なんというかここ最近のW杯直前でいえば、一番期待感のない感じになっております。

2010年のときもその直前の親善試合とか全く勝てなくて、相当たたかれましたが、結果はベスト16でした。

今回はどうなりますか・・・

もし今回のW杯でベスト16にいくようだと、日本全国土下座しなければいけない人が大量発生するでしょう。

結果がよければみんな喜んで全力で土下座するとおもいますが、大方の予想通り1点もとれなくてグループリーグ敗退とかなったら、さすがにいろんな方面に怒りが飛び火しそうです。

 

ただ、今回のW杯の失敗の原因は何かと選手監督その他関係者に聞いたときに、返ってきた答えが、

「それ、ずいぶん前から言われてなかったっけ?」

「いままで何してたの?」

「そりゃそうだろ」

みたいなことだと、誰も納得しないことになりかねません。

 

自分も含めてほとんどの人が「当事者」ではないので、実際にはなにか言えない様な原因があるのかも知れませんが、「人間の直感」は、あまり軽視しないほうがいいのではないかと思います。

人間の「なんとなく」は、けっこうすごいですからね。

 

「人間の直感は7割正しい」

と言ったのは将棋の羽生善治さんです。

将棋には「大局観」という言葉があります。

将棋の場面を見て特に考えなくても、なんとなくこういう風に指したら勝てそうという、全体の動きや形勢から判断することです。

将棋のプロは、この「大局観」で差す手の第一候補を考えて、それが間違いがないのか確認するために1手何十分(1手3時間のときもある)も読みを入れます。

これは、今までの膨大な経験がベースになっているので、プロの第一感と素人の考えを一緒にはできませんが、今回のサッカー日本代表については、自分みたいな体育の授業ですらほとんどサッカーをやってない素人でも、「なんとなく」感じる「違和感」がとても多いのです。

 

まず、ハリル監督が解任された理由。

直前の親善試合でほとんど勝てていなかったので、成績の不振を理由に解任するのは まあいいでしょう。

ただ、なぜあのタイミングなのか?という問いに明確な答えはいまのところ伝わってきません。

タイミングとしては、解任するならE-1選手権(2017.12.16)の韓国戦のときなのではないか?という記事、書き込みが多いです。

あの時点で解任しないのなら、監督を選んだ責任として、今回のW杯はハリル監督と心中するのが正解のような気がします。

 

そして、選手選考について。

ハリル監督が解任されたあたりの親善試合は全く勝ててませんでした。

さらにさかのぼって、W杯出場が決定したオーストラリア戦も勝ちはしましたが、出場選手については賛否両論ありました。

 

考え方は、大きく2通りだと思います。

戦術が先か、選手が先か、です。

 

極端な例ですが、日本代表にメッシ選手がいたとすると、もう監督や他の選手関係なしにメッシ選手が点を取れるように、チームを作っていくはずです。

この場合は選手が先です。

現実にメッシ選手が一度アルゼンチン代表を引退しましたが、他に世界的にもすごい選手がいるはずのアルゼンチン代表が勝てなくなり、またメッシ選手が代表に戻ってきたという経緯があります。

こうなると、もうメッシ選手ありきになるので、もしアルゼンチン代表がW杯で負けても(優勝以外はどこかで負ける)「しょうがないね」で済みそうな気がします。

(南米の国なので、それで済まないかも・・・)

 

さて、日本です。

ヨーロッパに多くの選手が行くようになりましたが、世界的に有名な点取り屋(FW)はいないので、チーム全体でどうにかしないといけません。

となると、戦術が先になりそうです。

 

こういう風に点をとる

→ そのために必要な選手を使う

になるはずです。

 

過去に日本のサッカーの理想型のような得点シーンはいろいろありました。

 

 

 

特にこの動画の最初の加地選手のゴール(実際には、オフサイドでノーゴール)が、日本が世界の強豪に対抗する理想的な攻め方のように思います。

加地選手の走りがいいですね。

 

このときのブラジルは、

カカ、ロナウジーニョ、ロビーニョ、アドリアーノ・・・

と、スーパースター揃いですが、日本も立派に戦えています。

 

 

3分35秒ころ、日本のカウンター攻撃が鮮やかに決まります。

「縦に早い」というのは、おそらくこういうことを言うんだと思います。

 

今から13年前の対戦ですが、今でもできなくはないと思うんですが・・・

ドイツ、ブラジル相手なので、これがもしW杯本番だとしても、(この試合自体はどちらも引き分け)このくらいできれば、みんな納得できるのではないかと思います。

 

今のメンバーに近い試合としては、

 

 

コーナーキックから、はじいたボールを今野選手が怒涛のドリブルで突き進み、長友選手 → 香川選手がゴールしています。

 

この試合はずっとフランスが試合の主導権を握っていて、日本が大量のシュートを浴びていますが、結果的にはこの試合は1-0で勝ちました。

 

強豪国相手に点を取ってるシーンは、このようなカウンターが一番のような気がするんですが・・・

とにかく選手が走ってる印象です。

 

今の代表選手の間で、どうもこれが気に入らない人でもいるんですかね?

ここ最近負けてばかりのうえに、点数自体が全くとれてないんですが・・・

あと、最近の代表選手は走れないのでしょうか・・・

(走れる選手を選んでない?)

 

 

代表選手の間での理想型はこれでしょうか?

 

メンバーは、今とほぼ一緒なんですが、今これができますかね?

おそらくこういうゴールがしたいんだと思います。

ただ、できないのであれば、違う戦術を考えるか、選手を変えるかですけど・・・

 

あと、残された時間はわずかです。

次のパラグアイ戦で日本代表はどんなサッカーを見せてくれるのでしょうか?

そして、W杯本番は「日本代表は勝てない」と思われていたところを見返してくれるのでしょうか?

批判や半ば絶望に近いことを言いつつも、心の底ではみんな勝って欲しいと思っています。

なんとかがんばって欲しいですね。

では。