カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

その場にふさわしい男の涙は、ただただ美しいのです。

こんにちは やぐらです。

 

サッカーW杯が終わりました。

日本にとってです。

 

いやー・・・

いやー・・・

 

試合が終わってから1日たちましたが、なんともいえない脱力感からようやくもどってきました。

 

いやー、ねー・・・

 

試合の経過は、

簡単に言いますと、日本が2点取って

ベルギーが3点取って、日本が負けました。

詳細はご存知だとおもうので、省きます。

 

心理的には、

3点取られてて、2点返して負けました、だと

「日本、意地見せた」

となるでしょう。

 

しかし、2点先制して、ひっくり返されたのですから、

「もしかしたら、勝てるかも・・・」

というのが、ゆっくりゆっくり削られていくのは、なかなかしんどいものがありました。

 

試合が終わって、特に印象的だったのは、DF昌子選手です。

headlines.yahoo.co.jp

 

地面を叩く昌子選手の姿には、自分のようなただの「傍観者」にも伝わってくるものがありました。

 

 

「あと、もう少し早く・・・」

「あの場面で・・・」

 

最後のカウンター攻撃は相手にボールが渡ってから、ゴールするまで13秒間だったそうですが、その13秒間のうちでも、いくつかのポイントがあって

(あそこでこうしていれば・・・点数は入らなかったのではないか・・・)

そういうことが、頭の中をよぎったそうです。

 

今回のW杯メンバー23人の中で、一番若くて、レギュラーとしては、唯一のJリーグの選手です。

出場した3試合は、海外組にも全く引けをとらない大活躍と言っていいでしょう。

海外メディアの評価も高かったようです。

 

 

どの選手か忘れましたが、

「人生80年生きるとして、80年間に感じるプレッシャーを、1ヶ月で感じるようなもの」

という記事を見ました。

 

言葉にしてしまえば、とっても簡単ですが、W杯のプレッシャーは相当のもののようです。

特に、マスコミ関係は相当のようですね。

 

国際大会なので、

・国を背負う。国を代表している。

・いろんなプロセスで、いろんな意見を言われる。

(選手、戦術の選考、今回は監督人事など)

・最終的に優勝した国以外は、必ずどこかで負けるのですが、国によっては2位とか3位でも、なんだかんだ言われる。

・さらに、ある国では、殺害予告とか選手の家族が誘拐されたりする。

(昔、実際に殺された選手もいた・・・)

 

まー、オリンピックもスポーツの国際大会ですが、ここまでならないですよね?

やっぱりサッカーW杯はいろんな意味でいろんなもののスケールが違います。

 

その、プレッシャーの中、がんばった選手、監督その他関係者のみなさまは、お疲れ様でした、というしかありません。

 

その他選手インタビュー

 

吉田選手

 

sports.yahoo.co.jp

 

原口選手

www.nikkansports.com

 

その場にふさわしい男の涙は、ただただ美しいのです。

 

では。

 

 

W杯って結果最優先ですよね?感動とか必要?というお話

サッカー日本代表がグループリーグ2位通過を決めて、決勝トーナメントに進出決定いたしました。

2大会ぶり3度目になります。

前評判からいきますと、3連敗予想がほとんどでしたので、実力の評価的には、今のところ十分すぎる結果を出していますね。

個人的なことを言えば、自分も3連敗予想しておりました。

決して日本代表を応援していないという意味ではなく、

「勝敗予想に全財産を突っ込むなら」

という意味合いです。

『予想・分析と個人的な感情はわけたほうがいい』

という状況はときどきありますからね。

 

昨日のポーランド戦は、どういう結果がベストなのか?

ベストの結果ではなくなりそうなときに、どの選択肢を選ぶのか?

ということを改めて考えてみます。

 



日本の決勝トーナメント進出条件は、ポーランド戦の結果が

1.日本が勝つか引き分け

2.日本が負けたときは、

2-1.セネガルが勝つと進出

2-2.コロンビアが勝つと、セネガルと得失点差、その他の条件次第で進出

2-3.セネガルーコロンビアが引き分けだと敗退

となります。

 

そこで、試合展開と各国の思惑ですが、

・前半終了時、2試合とも 0-0

→ このままだとコロンビアが敗退

(コロンビア)

「勝たないとまずい」

 

・後半、日本が1点入れられる。

→ セネガルーコロンビアが 0-0 の引きわけだと、日本が敗退

(日本)

「セネガルーコロンビアの結果次第で敗退するので、点を取りに行く」

(コロンビア)

「引き分け狙いでもいいが、日本が追いつくと、コロンビアが敗退してしまう」

→ 「勝ちにいく」

 

・コロンビアが1点入れる

(日本)

「現状のままいけば、決勝トーナメントにいける」

→ 「日本が引き分けなら確実に決勝トーナメントにいけるが、点を取りに行って、万が一2点目をとられるとだめ。さらに現状からイエローカードをもらってもあやしくなるので、それもリスクが高い」

(コロンビア)

「1点リードしたので、とにかく勝てばOK」

(セネガル)

「点をいれないと、決勝トーナメントにいけない」

 

・後半残り10分くらい

(日本)

「現状から変わらないほうに賭ける」

→ この試合は負けてもしょうがない。

→ 後方でボール回し

 

結果は、その後状況は変わらず、日本が2位通過となりました。

 



自分は家でテレビと、パソコンで2試合同時に見ておりました。

日本が後方でボール回しを始めたときの第一感は

「賭けに出た!」

というのが正直なところ。

セネガルが1点取ると終了ですからね。

 

後半リードされたところで判断したゲームプランBとかCとかなんだろうな、と思ってましたので、個人的には「十分あり」です。

このやり方に賛否両論ありますが、自分は完全に「賛」です。

まず、この試合の先発から考えて、西野監督は、このポーランド戦は感覚としては消化試合的な意味合いに設定していたはずです。

決勝トーナメントに絶対にいって勝つんだ。

という意志を感じました。

決勝トーナメントはスケジュールの関係で中3日しか休めません。

このポーランド戦で、チームAで全力でいくと、決勝トーナメント1回戦は、へろへろになっている可能性があるので、「負けても可能性がある」のなら、チームBでなんとかなるはず。

決勝トーナメントにいけなかったら、それはそれで、「なんで全力でいかないんだ」という人がたくさんいそうです。

実際いろんな状況のなかでどうすればよかったのか?

とかは、このW杯が終わってから反省すればいいと思います。

日本のサッカー界は、

「W杯で勝てるようになること」

というのが大儀のはずです。

いまのところは、100点の出来といっていいと思いますよ。

次のベルギー戦で、ポーランド戦で出場しなかった、香川、本田両選手がやってくれることを祈りましょう。

 



さらに「賛否両論」ですが、ニュースで拾える範囲で、有名人の方とかがどんな発言をしているのか集めてみました。

 

まずは、当事者

西野監督

 

長友選手

 

宇佐美選手

 

吉田選手

 

長谷部選手

 

監督・各選手のコメントはまさに「苦渋」の一言に尽きます。

当事者のプレッシャーは半端ではありませんからね・・・

 

主な「賛」

遠藤選手

 

川淵三郎氏

 

7人制ラグビー男子日本代表の岩渕健輔ヘッドコーチ

 Yahoo!ニュース 
代表の仕事は「上に進むこと」 ラグビーから見たW杯(朝日新聞デジタル) - Yaho...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000123-asahi-spo
7人制ラグビーの男子日本代表は7月20日に米・サンフランシスコで開幕する7人制ワ - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

 

武井壮さん

 

元選手、スポーツ経験者の考え方はとっても現実的です。

「世界大会で勝つこと」

の、意味を体でわかっています。

ラグビーの日本代表は、前回のラグビーW杯でグループリーグでは3勝しましたが、決勝トーナメントにいけませんでした。

ルール的にいんちきしているわけではないので、

「まったく問題ない」

「気にしなくていい」

という「とにかく結果が最優先という考え方」です。

 



で、主な「否」

 

 Yahoo!ニュース 
「他力本願」石田純一、突破も日本代表に怒り「情けない!」(サンケイスポーツ) ...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000039-sanspo-ent
サッカーW杯ロシア大会で日本代表が強豪ポーランドに0-1で敗れるも、フェアプレー - Yahoo!ニュース(サンケイスポーツ)

 

 

まあ、意見としては人それぞれなのでいいでしょう。

W杯本番で「感動」とか「エンターテインメント」を求めるのはどうなんでしょうかね・・・

さっきもいいましたが、個人的な感情と冷静な分析は分けたほうがいいのでは・・・

日本代表にはがんばって欲しいとはおもいますけれど、

「日本は強豪国と同じ戦い方をしなければならない」

とは、さすがに思いません。

日本は世界的にはまだまだ強豪国ではないですし、決勝トーナメントは相手全部が格上です。

もし、決勝トーナメントで勝ったとしても、

「力でねじ伏せた」

みたいな勝ち方はさすがにできないでしょう。

少ないチャンスで点をとって、相手の攻撃を一生懸命しのぐ

のが基本になるのかと思います。

 

西野監督の「マイアミの奇跡」は、ブラジルからシュートをあめあられのようにバンバン打たれて、それをキーパーの川口選手がファインセーブを連発してどうにか勝った試合でした。

あのがんばった姿に感動した、というのはたしかです。

でも、もし負けていたらまた評価は違うものになっていたはずです。

世界大会の勝ち負けという結果は試合経過の評価も変えてしまいますからね。

 

次はベルギー戦です。

試合の経過は、とにかく何でもいいのでとにかく

「結果=勝つ」

を、願っています。

 

では。

 



「墓掘り」「発電所」という単語で中学生をワクワクさせるには?

こんにちは やぐらです。

 

今回もネーミングセンスのお話です。

むしろネーミングというよりはキャッチコピーの部類のことです。

 

人を紹介するときに「キャッチフレーズ」が付いているときがありますね。

職種にもよりますが、そのキャラクターや人間性、見た目、技術・能力などを簡潔に表しています。

 

やはり、いい具体例はプロレス・格闘技系であります。

「『燃える闘魂』アントニオ猪木」

「『東洋の巨人』ジャイアント馬場」

など、とってもわかりやすい。

ジャイアント馬場さんは、自分が中学生のとき、プロレスの会場で直接さわったことがありますけど、やっぱりでかかった・・・(身長は209cm)

 

他の日本人レスラーでは

「『世界の荒鷲』坂口征二」

「『炎の飛龍』 藤波辰巳」

「『テロリスト』 藤原喜明」

「『小さな巨人』 グラン浜田」

「『鬼軍曹』 山本小鉄」

など

 

動物に例えるのはいいとしても

「鷲」

とか、なかなか思いつかないですよね~

名づけた人のセンスはすばらしいです。

 

さらに

プロレスの場合、初参加の外国人レスラーはどんな選手なのかわからないので、一言でイメージできるキャッチフレーズが付きます。

「『人間山脈』アンドレ・ザ・ジャイアント」

「『黒い呪術師』アブドーラ・ザ・ブッチャー」

「『超人』 ハルク ホーガン」

「『狂犬』 ディック マードック」

「『流星仮面』 マスクド スーパースター」

「『アメリカンドリーム』 ダスティ ローデス」

「『墓掘り人』 ローラン ボック」

 

「アメリカンドリーム」とか「墓掘り人」ってなんだ?

と思いますけれど、これが実際に見るとイメージどおりなのが、ほんとに不思議でした。

 

これがもう少し古くなると

「『鉄人』 ルー テーズ」

「『神様』 カール ゴッチ」

「『鳥人』 ダニー ホッジ」

「『人間発電所』 ブルーノ サンマルチノ」

「『鉄の爪』 フリッツ フォン エリック」

「『黒い魔人』 ボボ ブラジル」

「『魔王』 ザ デストロイヤー」

「『密林王』 グレート アントニオ」

「『生傷男』 ディック ザ ブルーザー」

「『荒法師』 ジン キニスキー」

「『野生児』 バディ ロジャース」

「『人間風車』 ビル ロビンソン」

「『地獄の料理人』 ハンス シュミット」

「『金髪の爆撃機』 ジョニー バレンタイン」

基本見た目から名づけたものが多いように思いますが、「発電所」とか「料理人」なんか思いつかないですよね

これも、実際のレスラーとその試合を見ると、ほんとに不思議なんですが、言葉・単語との違和感がないんですね。

すばらしいの一言です。

 

中学生のころのワタクシやぐら少年は、こんな感じの東スポや週刊プロレスのタイトルを見ただけで、テンションがあがりまくっていたのであります。

名前の付けかたひとつで、物の売れ方が変わる、

という意味がよくわかりますね。

 

ネーミングやキャッチフレーズは、マーケティング的には非常に重要ですので

いろいろ研究していきたいと思います。

 

では。

今のサッカー日本代表は、何かにこだわりすぎなのでは?

こんにちは やぐらです。

 

サッカーのW杯も近くなりまして、「違う意味で」大変盛り上がっているようです。

代表の監督が交代(更迭?)されて新しい監督になりましたが、なんというかここ最近のW杯直前でいえば、一番期待感のない感じになっております。

2010年のときもその直前の親善試合とか全く勝てなくて、相当たたかれましたが、結果はベスト16でした。

今回はどうなりますか・・・

もし今回のW杯でベスト16にいくようだと、日本全国土下座しなければいけない人が大量発生するでしょう。

結果がよければみんな喜んで全力で土下座するとおもいますが、大方の予想通り1点もとれなくてグループリーグ敗退とかなったら、さすがにいろんな方面に怒りが飛び火しそうです。

 

ただ、今回のW杯の失敗の原因は何かと選手監督その他関係者に聞いたときに、返ってきた答えが、

「それ、ずいぶん前から言われてなかったっけ?」

「いままで何してたの?」

「そりゃそうだろ」

みたいなことだと、誰も納得しないことになりかねません。

 

自分も含めてほとんどの人が「当事者」ではないので、実際にはなにか言えない様な原因があるのかも知れませんが、「人間の直感」は、あまり軽視しないほうがいいのではないかと思います。

人間の「なんとなく」は、けっこうすごいですからね。

 

「人間の直感は7割正しい」

と言ったのは将棋の羽生善治さんです。

将棋には「大局観」という言葉があります。

将棋の場面を見て特に考えなくても、なんとなくこういう風に指したら勝てそうという、全体の動きや形勢から判断することです。

将棋のプロは、この「大局観」で差す手の第一候補を考えて、それが間違いがないのか確認するために1手何十分(1手3時間のときもある)も読みを入れます。

これは、今までの膨大な経験がベースになっているので、プロの第一感と素人の考えを一緒にはできませんが、今回のサッカー日本代表については、自分みたいな体育の授業ですらほとんどサッカーをやってない素人でも、「なんとなく」感じる「違和感」がとても多いのです。

 

まず、ハリル監督が解任された理由。

直前の親善試合でほとんど勝てていなかったので、成績の不振を理由に解任するのは まあいいでしょう。

ただ、なぜあのタイミングなのか?という問いに明確な答えはいまのところ伝わってきません。

タイミングとしては、解任するならE-1選手権(2017.12.16)の韓国戦のときなのではないか?という記事、書き込みが多いです。

あの時点で解任しないのなら、監督を選んだ責任として、今回のW杯はハリル監督と心中するのが正解のような気がします。

 

そして、選手選考について。

ハリル監督が解任されたあたりの親善試合は全く勝ててませんでした。

さらにさかのぼって、W杯出場が決定したオーストラリア戦も勝ちはしましたが、出場選手については賛否両論ありました。

 

考え方は、大きく2通りだと思います。

戦術が先か、選手が先か、です。

 

極端な例ですが、日本代表にメッシ選手がいたとすると、もう監督や他の選手関係なしにメッシ選手が点を取れるように、チームを作っていくはずです。

この場合は選手が先です。

現実にメッシ選手が一度アルゼンチン代表を引退しましたが、他に世界的にもすごい選手がいるはずのアルゼンチン代表が勝てなくなり、またメッシ選手が代表に戻ってきたという経緯があります。

こうなると、もうメッシ選手ありきになるので、もしアルゼンチン代表がW杯で負けても(優勝以外はどこかで負ける)「しょうがないね」で済みそうな気がします。

(南米の国なので、それで済まないかも・・・)

 

さて、日本です。

ヨーロッパに多くの選手が行くようになりましたが、世界的に有名な点取り屋(FW)はいないので、チーム全体でどうにかしないといけません。

となると、戦術が先になりそうです。

 

こういう風に点をとる

→ そのために必要な選手を使う

になるはずです。

 

過去に日本のサッカーの理想型のような得点シーンはいろいろありました。

 

 

 

特にこの動画の最初の加地選手のゴール(実際には、オフサイドでノーゴール)が、日本が世界の強豪に対抗する理想的な攻め方のように思います。

加地選手の走りがいいですね。

 

このときのブラジルは、

カカ、ロナウジーニョ、ロビーニョ、アドリアーノ・・・

と、スーパースター揃いですが、日本も立派に戦えています。

 

 

3分35秒ころ、日本のカウンター攻撃が鮮やかに決まります。

「縦に早い」というのは、おそらくこういうことを言うんだと思います。

 

今から13年前の対戦ですが、今でもできなくはないと思うんですが・・・

ドイツ、ブラジル相手なので、これがもしW杯本番だとしても、(この試合自体はどちらも引き分け)このくらいできれば、みんな納得できるのではないかと思います。

 

今のメンバーに近い試合としては、

 

 

コーナーキックから、はじいたボールを今野選手が怒涛のドリブルで突き進み、長友選手 → 香川選手がゴールしています。

 

この試合はずっとフランスが試合の主導権を握っていて、日本が大量のシュートを浴びていますが、結果的にはこの試合は1-0で勝ちました。

 

強豪国相手に点を取ってるシーンは、このようなカウンターが一番のような気がするんですが・・・

とにかく選手が走ってる印象です。

 

今の代表選手の間で、どうもこれが気に入らない人でもいるんですかね?

ここ最近負けてばかりのうえに、点数自体が全くとれてないんですが・・・

あと、最近の代表選手は走れないのでしょうか・・・

(走れる選手を選んでない?)

 

 

代表選手の間での理想型はこれでしょうか?

 

メンバーは、今とほぼ一緒なんですが、今これができますかね?

おそらくこういうゴールがしたいんだと思います。

ただ、できないのであれば、違う戦術を考えるか、選手を変えるかですけど・・・

 

あと、残された時間はわずかです。

次のパラグアイ戦で日本代表はどんなサッカーを見せてくれるのでしょうか?

そして、W杯本番は「日本代表は勝てない」と思われていたところを見返してくれるのでしょうか?

批判や半ば絶望に近いことを言いつつも、心の底ではみんな勝って欲しいと思っています。

なんとかがんばって欲しいですね。

では。