カテゴリー別アーカイブ: ニュース

謝ったら死ぬのか?問題

ニュース

こんにちは やぐらです。   日大アメフト部のニュースからだいぶ日にちがたちましたが、ずっと気になるのは「謝ったら死ぬのか?」ということです。   直接の原因をつくったM選手は割と早めに謝罪の記者会見をして、世間的にも相手にも許してもらったかたちになっていると思います。 (示談金の支払いとか、出場停止とかそれなりの義務的なものはありますが・・・)   で、その上の監督やらコーチやら理事長やら学長やら 「謝る?このオレさまが?なんで?」 みたいな態度に終始してます。   特に自分の世代(もうすぐ50代)以上は謝ることをしない・・・というイメージです。   とっとと謝っておけば、たとえ過失があったとしても、いろんなことがスムーズに収束しそうな気もするんですが、まーとにかく謝らないですね。   今のところですが、監督コーチは役職を剥奪されて、アメフト部も試合できなくなって、のような事態になっていますが、この謝らない人たちのプライドより価値のある物を失ってしまっているのは間違いないです。         で、「謝ったら死ぬのか?」という話。 自分の経験のみで言いますと、 ある日車を運転していまして、普通の道路上で走っていた前の車が止まりました。 自分も普通に後ろに車を止めていたら、前の車が急に後ろに下がってきて、自分の車にぶつかり、前のナンバープレートに少し折り目のようなものが付いてしまったのです。 自分は車を降りぶつかったところを確認したら、そのナンバー部分だけだったので、とりあえずは「まあしょうがないか・・」と思っていたのですが、前の車から降りてきた女性ドライバーのひとことでブチ切れました。   女「あんたが後ろにいるのが悪いんでしょう!!」   さすがに頭に来て やぐら「とりあえず物損事故だから警察呼ぶよ」 と警察を呼びました。   事故の損害も実際にはほとんどないのですが、さすがにこの発言はダメでしょう。 や「じゃあ、電柱にぶつかったら電柱が悪いのか?」 女「電柱とあなたは違うでしょう」 や「こっちは動いてないんだから同じだろう」 女「とにかくあなたが悪い」 うーん、日本語が通じないのか、自分の理解力がないのか一瞬悩みましたが、どう考えても自分に責任はないはず。 そうしましたら、女の車の同乗者も降りてきて(総数:女3人)この降りてきた人たちも全く同じことを言います。   これは、話を通じさせるのは無理と思っているうちに、警察が到着しました。 お互いを引き離されて、自分のほうに来た警察官に事情を説明しましたが、 警察官も「止まってる側がぶつかりにいくことはないですからねえ」と笑っていました。 自分としては、被害がほとんどないので特に何かを請求することはないが、相手に責任を認めさせて、謝らせてほしいと伝えました。   しばらくして、警察官同士がなにやら話をして、最終的には女3人は自分たちのほうが悪い、言い方が悪かったと謝ってきましたが、どーにも気分が悪いのはしょうがないです。   そのあともう一度警察官と話をしましたが、 や「とりあえずあやまれば済む話なんだけど、なんで謝ろうとしないんだろうね?」 警「あやまると責任が全部自分にくると勘違いしてる人多いんですよ」 警「交通事故だと検分とかして原因をしらべるので、謝罪のあるなしは直接は関係ないんですけどね」 や「まあ、そんなところでしょうねえ」 警「ケースバイケースですけど、調べてみると平謝りしてるほうが全く悪くない、とかありますからね」   ということでこの車の件はこれで終わりなんですが、 単純に「謝った後に自分になにが起こるのか?」というのを、知らないか、過去にいやな経験をしたか。   または、責任があることでもしらばっくれて逃げ切ってきたか。 (逃げ切れるのだから謝るだけ損みたいな考え方)           この交通事故みたいなのは、お互い知らない人同士なので、百歩譲ってそういう考え方をするのはわからなくもないです。 (いや、わからないけど) 知ってる人どうし、会社とか組織内でしらばっくれても平気な人というのは、ある意味すごいことです。 権力や地位でどうにかしようと思っても、権力や地位は下に人がいてはじめて役に立つものなので、下にいる人間がいなくなってしまった社長とかも知ってますが、そうなると誰も助けませんしね・・・ 相手に対する敬意とか気遣いがあればそういうことはできないと思うのですが、ないんでしょうね・・・   自分が何かやらかしたとしても、相手を思いやる気持ちを持つようにしましょう。 最善をつくせば、何らかの形で自分に返ってくるはず、と信じるほうがいいです。   今回はこの辺で では。  続きを読む

地下鉄サリン事件の時、ボクは JR秋葉原駅のホームにいました。

ニュース

こんにちは やぐらです。   今回のニュースはこちら   headlines.yahoo.co.jp   今から、23年前 1995年(平成7年)3月20日午前8時ごろ、東京都内の帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)、丸ノ内線、日比谷線で各2編成、千代田線で1編成、計5編成の地下鉄車内で、化学兵器として使用される神経ガス「サリン」が散布される、という事件が発生しました。   このときのことは今でもはっきり覚えています。 自分は、JR秋葉原駅のホームにおりました。 自宅から会社へ通勤するのに、JR総武線からJR山手線に乗り換えるのですが そのJR山手線のホームにいたときに、 「ただいま、地下鉄駅構内に起きまして、重大な事故が発生いたしましたので、地下鉄駅構内には、絶対に近づかないでください」 というアナウンスが流れました。   「???」 (なにか事故が起こったんだろうな・・・) とは、思いましたが、どうにも違和感がありました。 言い方、表現がきついのです。   会社へは特に問題なく出社して、午前中の業務も特に問題なくすごしておりました。 仕事は電話営業だったのですが、平日の午前中はのんびりしていますので、営業活動はしつつも、電話に出た家にいる主婦たちと世間話とかしたりしていました。   そのうち、 「なんか、地下鉄で事件発生したらしいぞ」 という話を、他の営業の人たちから聞くようになります。   当時、スマホとかワンセグとかありません. ニュースは基本テレビからが主になりますので、会社にいるうちは正確な状況がわかりませんでした。   そのうち、昼休みになり、食事にいった先の店内のテレビで、ニュースの臨時放送を見て、状況を把握したわけです。   (すごいことが起こった・・・)   地下鉄で「毒ガス」を撒くって・・・ その前に「松本サリン事件」がありましたが、あれは建物の外からなので、まだあれとして(当然よくはないですが)、地下鉄は密閉空間ですからね。   悪意というか意図というか、 「こういうことをやろう」 と思って、実際にやっちゃう人たちがいるんだ・・・ というのが、本当に衝撃でした。   思えば、この1995年(平成7年)近辺というのは、いろんなことがありまして、1月17日には阪神淡路大震災が発生しました。 自分が、営業したときのお客さんで、1月に大阪にいて地震に遭い、3月に東京に転勤になって、サリン事件にあった、というひとが実際にいます。   個人的には、1994年(平成6年)12月に、住んでいたアパートが火事になり、文字通り体一つになってしまいました。 (もっというと、1994年(平成6年)6月に、バイトしてたパチンコ屋が火事になった)   その後、しばらくは近所の人のご好意で、2ヶ月間だけ安い家賃で部屋を貸してくれることになり、そこに寝袋だけで生活していた時期があります。   そんな生活をしていたある日のこと。 銀行にお金を下ろしにいったらATMが動いていない。 仕方ないのでキャッシングのほうから、お金を下ろそうとしたら、従業員みたいな人が立っていて、 「いま、キャッシングはできません」 といわれてしましました。   (今日はなんなんだ?) と思いつつも、理由を聞いてみると 「当社の管理センターが神戸にありまして、そこが動かなくなってしまったからです」 とのこと。   (東京のATMとなんか関係あるの?) (神戸って、どういうこと?) 先ほどもいいましたが、当時、スマホもワンセグもないので、さらに自分は火事にあったせいでテレビもなく、事件とか何にも知らないのです。   関西方面で大地震があった、と知ったのは、その日の夜でした。         今回の、死刑執行のニュースから当時のことを思い出してみました。 個人的にもいろんなことがありましたね。   まあ、事件のインパクトから、一生忘れることはないでしょう。   以上、今回のニュースを見て(聞いて)頭に浮かんだことをずらずら書いてみました。   では。  続きを読む

警察の「ネーミングセンス」も、なかなかお上手です。というお話

ニュース

こんにちは やぐらです。 今回のニュースはこちら https://www.huffingtonpost.jp/2018/06/30/jk-mosa-no-ryo-taiho_a_23471584/ スリが逮捕されたお話です。 「朝のラッシュの電車内で女子高校生から財布を盗んだとして・・・」 とありますが、ワタクシ 「やぐら」は、今から20年以上前、東京に住んでいたときに、電車内でスリが逮捕されたのを実際に目の前で見たことがあります。 たしか朝8時40分くらいだとおもいますが、東京の日比谷線の六本木駅で降りようとして、すごい人数が電車のドアに向かっているところで、自分の前にいる人がなにやら銀色に光るものを持っていました。 (手錠だ・・・) その人はある男に手錠をかけ、電車から降りたところで、そばにいた女性に声をかけていました。 私服刑事「お嬢さん。ちょっとすいません」 女性「はい。なんですか?」 刑「財布はお持ちですか?」 女「財布ですか?」 女「!?」 女「ないです」 刑「この財布ではありませんか?」 女「そうです。それです」 刑(腕時計を見て) 刑「○時○分、窃盗の容疑で現行犯逮捕」 (一部、記憶が不正確なのですが、だいたいこんな感じ) 会社の始業時間があるので、その後どうなったのかは見ていませんが、あのぎゅうぎゅう詰めの中で、財布をするところを見て、さらに手錠を掛ける、というのを目の当たりにして 「警察はすごいなあ」 と、思ったものです。 今回の記事の犯人も、以前逮捕した捜査官が偶然見つけて、警戒していたところを捕まえたようです。 その逮捕されたのが9年前、ということなので捜査員の記憶というのもすごいですね。 9年たつと見た目もだいぶ変わっていそうなものですが・・・ そこで、またまた、「ネーミング」のお話です。 この手のスリやら何やらの犯罪の常習者には「あだ名」がついていますね。 あだ名がつけられている時点で、過去に捕まっているのは明らかです。 ただ、今回は呼び名が「JKモサ」ですからねえ。 モサ=捜査員が言う「スリ」のこと JK=女子高生 「モサ」はいいとして、警察も「JK」とか言うんですねえ・・・ 特に犯罪を繰り返している方には、何かしらの「あだ名」(二つ名、ともいうらしい)がついています。 海外の殺人犯とかは 「サクラメントの吸血鬼:リチャード・チェイス」 とか、恐ろしい方々がいらっしゃいます。 ただ、こちら方面は、ホラー映画の元ネタみたいな事件ばっかりなので、ホラー苦手な自分としては完全スルーします。 興味のあるかたは、各自の判断におまかせします。 なので、国内のもっとほのぼの(?)した、ネーミングの方々を集めてみました。 スリ 「エンコヅケのマツ」(男子) 「エンコ = 指」のこと 電車内で寝ている人などの財布を「指=エンコ」で確認してから抜き取る手口 「ケツパーの吉」(男子) ケツ = お尻 パー = 財布 満員電車内で、中高年の男性の尻ポケットに入っている財布を抜き取る手口 「ケツパーの梅じい」(男子) こちらもほぼ同じ、尻ポケットから財布を抜き取る手口 ちなみに、逮捕暦は20回だとか 「声掛けタマ子」(女子) スーパーでは『この魚、おいしそうですね』、バッグ店では『そのカバンいいですね』、路上では『○○駅はどこですか』などとターゲットの高齢女性に声を掛け、注意をそらし、スリを行う手口 「伝説のブランコすり 金さん」(男子) ブランコすり = 電車などで、窓のフックに掛けてある上着のポケットからスリを行う手口。上着がゆれてブランコのように見えるため。 逮捕歴は20回以上。服役のトータルは40年以上とか。 「ギャンのヤッスさん」(男子) 「ギャンのあぶさん」(男子) それぞれ別の人です。 お互いは知り合いなんだとか。 ギャン = ギャンブル場(主に場外馬券売り場)で、馬券を抜き取る手口 「駒崎姉妹」(女子2名) この方たちは、そのまんまです。 どうも本当の姉妹のようです。 手口は「オープン荒し」といわれていて、大型商業施設の新装開店時を狙ってスリを繰り返していたようです。 ある逮捕されたときは、某商業施設が新装開店するので、警察のほうで、「必ずやってくる」と、30人体制で待ち構えていたらしいですよ。 その逮捕のときは、年齢が、姉80代、妹が70代後半だったとか。 逮捕歴は60年前からなんだって。 「デパ地下のさと婆」(女子) 「デパ地下の房子」(女子) 女子の場合、デパ地下が多いように思います。 被害者は商品を見ながら歩いているので、注意力が散漫になっているのを狙っています。 また、いままで出てきた女子の方々は70歳代と高齢なので、知らない人だとスリには見えないはずです。 さて、 いろんな人が出てきましたが、ここに登場した方々はみなさん独身とか、身寄りがいないとかなんですが、「デパ地下のさと婆」は、息子夫婦と孫と同居しているそうで、何回捕まっても、家族が見放さないらしいです。 基本的には、外出は家族が必ず同伴するのですが、一人で出かけてしまうときもあり、そのときにスリをしてしまうようです。 何回捕まっても、心を入れ替えるところまではいかないんですね・・・ スリの常習犯のネーミングもそうですが、 犯罪の名前で別名で呼ばれるので、なんか軽いイメージになってしまうときがありますねえ・・・ 典型的なのはこちら いじめ:(以下に該当したとき) 窃盗、暴行、傷害、恐喝、名誉毀損、侮辱他 スリ、万引き: 窃盗 こんなところですけど、実際には完全な犯罪ですよねえ。 いじめなんか、殴られたりしていたら、「いじめ」ではなく「暴行、傷害」ってはっきり言ったほうがいいとおもいます。 スリも軽い犯罪ではなく、刑法では、結構な重罪に該当します。 窃盗罪 第235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。 スーパーとか、コンビニで働いていたときに、万引きした人は何人も見ましたけれど、ちょっと軽く考えすぎです。 懲役とか普通にあります。 人のものを盗んではいけません。 あとは、被害にあわないように、最大限、自分の身の回りに気をつけましょう。 では。続きを読む

ネーミングはとっても大事、というお話

ニュース

こんにちは やぐらです 今回の記事はこちら “リアルナンパアカデミー”性的暴行で逮捕 [blogcard url="https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180623-00000048-nnn-soci"] 事件の概要ですが、男性2人が女性に酒を飲ませて性的暴行をした。 ということのようです。 合意があったかどうかは不明ですが、合意があるのなら酒を飲ませる必要もないような気もするので、おそらくないでしょう。 それと、この性的暴行が行われていた場所が、「リアルナンパアカデミー」(以下『塾』)を主催していた団体(会社?人物?)が借りていたマンション(らしい)ということで、この塾の関係先に家宅捜索が入った、そうです。 主催者は「女好き」という方です。 これで名前なんです。     個人的には、この塾の存在は3年くらい前から知ってまして、ナンパを教えるところとしては、その業界では割と有名です。 どこかのテレビのナンパ大会だったか対決だったかにも参加しているらしいです。 番組自体は見てないので、細かい番組の内容は知らないですが、「女好き」氏のサイトにいろいろ書かれていますね。 自分としては「なんだこれは?」と少し気になることがあったので、(ネーミングとか、活動内容とか)特に差しさわりのない一般的なことをメールで質問してみたことがありますが、返ってきた答えはごく普通のことでした。 対応としては丁寧な部類に入ると思います。     自分も含めてですが、女性とあまり縁のない男性からすると、黙っていても女性のほうから寄って来ることは100%ないので、男性側から声をかけないといけません。 そこで、誰かから恋愛関係を教えてもらうとしたら、こういうところにいくのもありかも? と、思う人が一定数発生するのもしょうがないと思います。 結婚相談所とか、金額とか見るとすごいですからねえ。 よくこんな大金払えるなあ~ と、いつも感心します。 (年間100万とかねえ~)     そこで、男性が女性と知り合うためのひとつの手段として「ナンパ」がありますが、「ナンパ」そのものは、まあいいとおもいます。 実際自分の知り合いにも、「ナンパ」で出会って結婚した人もいますし、結婚式場などのホテル関係の知り合いも、「出会いがナンパは結構いる」と言っています。 ただ、この塾の方針(?)は、なんともいえない違和感があります。 この「女好き」氏のサイトを見るとねえ・・・ 暴行ととられてもしょうがないような動画も実際ありますからねえ・・・ 実際逮捕された塾生も「複数回そういうことをした」と言ってますので、何回もそういうやり方をしていた、ということなんでしょう。 事件の続報を待ちたいと思います。     なぜ、その名前にしようと思ったのか? で、少し別の角度のお話をしますと、個人的に気になるのは、「ネーミングセンス」です。 塾の名前が 「リアルナンパアカデミー」 主催者の名前が 「女好き」 ですからねえ。   でも、不思議なことにナンパということに関しては、妙な信頼感が出ているような気もします。 (自分だけかも?) 怪しいことをしているとしても、変に隠すより 「怪しいですけど、何か?」 みたいな変な開き直りのようなものがあるほうが個人的には興味をそそられます。 (こんな性格なので、知り合いからは趣味が悪い、とよく言われる)   「ネーミングセンス」でいえば、一番すごいのは「スピリチュアル・占い関係」でしょうか? なんとか秘術とか、なんとか数とか なんちゃらチャクラ理論、なんとか神、インドのなんとかさんとか さらにはこういう業界用に、あたらしいネーミングを考えます、 のようなコピーライター的な業者さえ存在します。 まあ、インパクトありきですからね。   それにしても、「スピリチュアル・占い関係」業界は儲かるんでしょうね? 某「スピリチュアル・占い」関係の販売サイトなんかでは、占い相談料「5万円」とかでも売り上げ2000件とか、実際にいます。 自分が以前某運送会社で働いていたときに、「代引き金額54万円」という荷物がありました。 荷物の外見からはアクセサリーっぽいとっても軽いものでしたが・・・ 「代引き100万とかあったよ」といってた人もいました。   (おまけとして、実は警察のほうからその手の業者のリストが回ってきてまして、 『この商品は実際に頼んだものですか?受け取り拒否もできますよ』 みたいな紙を荷物に張って、受取人に直接口頭で説明して確認のはんこをもらうのが必須になっております)     ギャンブル関係 競馬を例にすると、 予想家で「半笑い」という名前の人がいます。 業界では割と有名なほうですかね。 ギャンブルなんで仕方がないところですが、 あたると「神」にように崇められて、 はずすと「殺すぞ」くらいにまで、ボロクソにいわれます。 この「半笑い」さんも例にもれず 「信者」と「アンチ」両方います。   予想法のネーミングとしては 「○○(予想している人の名前)理論」 (やぐら理論、やぐら予想法みたいな感じ) が、多いですかね。   競馬は予想の根拠にするデータの種類が多いので、そのデータをトータルで考えるか、ある種類のデータを中心に予想するかで、ネーミングが付いている人もいます。   自分もたまに競馬をするのですが、個人的なお気に入りのネーミングは、 「調教捜査官」「調教Gメン」井内利彰さん [blogcard url="https://blog.goo.ne.jp/iuchi7"]   「調教」=競走馬がレース前に練習すること 練習の状態を見て、競馬の予想をするという予想法     「血統ビーム」亀谷敬正さん [blogcard url="k-beam.com"]   「血統」=競走馬は先祖が何代にもわたってしっかり記録されているので、ある馬の父親は長距離で成績がいい、母親は短距離が早い、母の母は雨の日に強いとか、先祖の傾向から予想する方法   競馬なので、この人たちの予想が100%当たるわけではないのですが、予想家の中にはトータルで(1年間とか)プラスの収支を出している人もいますので、その人たちの予想に乗っかってみたくなる気持ちはよくわかります。 ネーミングも「捜査官」とか「ビーム」とか「なんでこうなった?」的なところはありますが、この2名は予想家の中でも人気があるほうだと思います。 予想をはずすと競馬場でやじられるらしいですが・・・   株関係 で、厳密にはギャンブルではないですが(ギャンブル的な気もする・・・)、株関係もすごいですね こちらもコピーを書いてくれる会社がネーミングを販売しています。 (依頼を受けて考えたりもしてます)   正式名なのか、単なるネーミングなのかよくわかりませんが、とにかくいろんなものがあります。 もしかしたらスピリチュアル以上かもしれません。 「ピラミッティング手法」 「アルゴリズムの板読み手法」 「25日移動平均線乖離率逆張り法」 「コバンザメ投資法」 などなど   株関係は素人なので何を意味するのかさっぱりわかりませんが、ナンパ、競馬と同じく誰かが「こういうやり方したらうまくいった」から教えますよ ということなんでしょうね   逆に素人目線で言うとネーミングのセンスがとっても大事なのがよくわかります。 株は基本的には資産を増やす目的でやるものなので、株の素人を引き込むにはインパクトが大事ということでしょうか。   さらに恋愛関係 冒頭にありました「リアルナンパアカデミー」ですが 「リアル」=本当 「ナンパ」 「アカデミー」=学校的なところ なので、この業界内ではどちらかというとストレートでわかりやすいほうです。 イメージはわきやすいです。   「○○日で彼女を作る方法」 「女を落とす方法」とか 具体的でこれもまあわかります。   これが少しひねると 「(某外国の有名大学名)ナンパスクール」 「ウーマンマスター」 「恋愛マスター」 「マジェスティック○○」 「なんとかの経典」 とか   自分みたいな普通なほうを逆に信用しないような人間には、こういうネーミングに触れると、正直とってもそそられてしまうんですねえ~   (他人から見ると、そりゃそうなるでしょ、という結果になることも実際には多い・・・)   なにか新しいネーミングに触れたとき、興味を持つのはいいですけれど、それがなんなのか?、何を目的としているか?、は やはりちゃんと確認しないとだめですね。   今回はこんなところで では。続きを読む

身近に起きた重大事件について

ニュース

こんにちは やぐらです。 今回の記事はこちら 青森79歳女性殺害事件、近所の死亡女性も殺害と断定 こわいですねえ。 一人目の死因が窒息死でしたので、自殺か殺人かの特定に少し時間がかかったようです。二人目は腹を刺されて、首にスカーフが巻きついていたそうなので、こちらは早めに殺人事件と断定できたようです。 ちなみにワタクシ「やぐらじろう」は完全な地元民でして、この現場は毎日の通勤ルートでもあります。 仕事が早朝~昼過ぎまでなので、2件目のときは、事件が起きたのを知らない状態でここを通過しまして 「なんかあっちにも警察がいてブルーシートがあるぞ・・・」 と、思ってましたら、昼の地元のニュースで2件目発生を知った次第であります。 テレビでよく事件現場の位置関係をわかりやすくするのに google の画像を引用してますが、少し引いた地図になると自分の家の屋根が移ったりしていますねえ。 (自分の家は、現場から1kmくらい) この近辺は車のとおりはそこそこありますが、歩行者はほとんどいないので、歩いていると、それなりに目立つような気もします。 (他人の記憶に残るかどうかは別ですが) 1件目の家から500Mくらいはなれたところに大きな公園があるので、この公園までくれば晴れている日は早朝からジョギング・散歩している人は結構いますね。 全国放送もされたようで、今日はカメラを持っている複数の集団が増えた気がします。 マスコミ関係ですかね。 こういうのを見てるとさすがに (やっぱり結構な事件なんだなあ・・・) と、思うようになってきました。 ちなみにですが 実は、2014年に今回の事件から300Mほど離れた食堂で殺人事件がありまして、食堂の女将さんが殺されました。 このときは近所の住人が犯人でした。 犯人と被害者は何の関係もなく、被害者には殺される理由も全くなかったといわれています。 (ほとんど通り魔のような感じ) 今回の事件も、犯人が早くつかまるのを祈るばかりです。 で、いまのところ気になってるのが、警察の規制線です。 1件目は現場検証は終わってるようでして、家の周り(敷地)のところに黄色い規制線は張られてますが、警察官は見当たりません。 2件目は、発見から4日目ですが、いまだに道路を封鎖するように規制線が張られています。日中はブルーシートで建物の入り口が覆われていまして、警察官も何名か道路のはじっこに立っています。 現場検証も短期間でさっとやっちゃうのかと思ってましたけれど、殺人事件だとさすがに念入りにやってるんでしょうね。 まあ、まったく関係ない人の髪の毛1本でも見つかれば、有力な証拠になりますからね。 警察にはがんばっていただきたいところです。 今日はこんなところで では。続きを読む