こんにちは やぐらです。

 

サッカーW杯が終わりました。

日本にとってです。

 

いやー・・・

いやー・・・

 

試合が終わってから1日たちましたが、なんともいえない脱力感からようやくもどってきました。

 

いやー、ねー・・・

 

試合の経過は、

簡単に言いますと、日本が2点取って

ベルギーが3点取って、日本が負けました。

詳細はご存知だとおもうので、省きます。

 

心理的には、

3点取られてて、2点返して負けました、だと

「日本、意地見せた」

となるでしょう。

 

しかし、2点先制して、ひっくり返されたのですから、

「もしかしたら、勝てるかも・・・」

というのが、ゆっくりゆっくり削られていくのは、なかなかしんどいものがありました。

 

試合が終わって、特に印象的だったのは、DF昌子選手です。

headlines.yahoo.co.jp

 

地面を叩く昌子選手の姿には、自分のようなただの「傍観者」にも伝わってくるものがありました。

 

 

「あと、もう少し早く・・・」

「あの場面で・・・」

 

最後のカウンター攻撃は相手にボールが渡ってから、ゴールするまで13秒間だったそうですが、その13秒間のうちでも、いくつかのポイントがあって

(あそこでこうしていれば・・・点数は入らなかったのではないか・・・)

そういうことが、頭の中をよぎったそうです。

 

今回のW杯メンバー23人の中で、一番若くて、レギュラーとしては、唯一のJリーグの選手です。

出場した3試合は、海外組にも全く引けをとらない大活躍と言っていいでしょう。

海外メディアの評価も高かったようです。

 

 

どの選手か忘れましたが、

「人生80年生きるとして、80年間に感じるプレッシャーを、1ヶ月で感じるようなもの」

という記事を見ました。

 

言葉にしてしまえば、とっても簡単ですが、W杯のプレッシャーは相当のもののようです。

特に、マスコミ関係は相当のようですね。

 

国際大会なので、

・国を背負う。国を代表している。

・いろんなプロセスで、いろんな意見を言われる。

(選手、戦術の選考、今回は監督人事など)

・最終的に優勝した国以外は、必ずどこかで負けるのですが、国によっては2位とか3位でも、なんだかんだ言われる。

・さらに、ある国では、殺害予告とか選手の家族が誘拐されたりする。

(昔、実際に殺された選手もいた・・・)

 

まー、オリンピックもスポーツの国際大会ですが、ここまでならないですよね?

やっぱりサッカーW杯はいろんな意味でいろんなもののスケールが違います。

 

その、プレッシャーの中、がんばった選手、監督その他関係者のみなさまは、お疲れ様でした、というしかありません。

 

その他選手インタビュー

 

吉田選手

 

sports.yahoo.co.jp

 

原口選手

www.nikkansports.com

 

その場にふさわしい男の涙は、ただただ美しいのです。

 

では。