こんにちは やぐらです。

 

今回のニュースはこちら

 

headlines.yahoo.co.jp

 

今から、23年前

1995年(平成7年)3月20日午前8時ごろ、東京都内の帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)、丸ノ内線、日比谷線で各2編成、千代田線で1編成、計5編成の地下鉄車内で、化学兵器として使用される神経ガス「サリン」が散布される、という事件が発生しました。

 

このときのことは今でもはっきり覚えています。

自分は、JR秋葉原駅のホームにおりました。

自宅から会社へ通勤するのに、JR総武線からJR山手線に乗り換えるのですが

そのJR山手線のホームにいたときに、

「ただいま、地下鉄駅構内に起きまして、重大な事故が発生いたしましたので、地下鉄駅構内には、絶対に近づかないでください」

というアナウンスが流れました。

 

「???」

(なにか事故が起こったんだろうな・・・)

とは、思いましたが、どうにも違和感がありました。

言い方、表現がきついのです。

 

会社へは特に問題なく出社して、午前中の業務も特に問題なくすごしておりました。

仕事は電話営業だったのですが、平日の午前中はのんびりしていますので、営業活動はしつつも、電話に出た家にいる主婦たちと世間話とかしたりしていました。

 

そのうち、

「なんか、地下鉄で事件発生したらしいぞ」

という話を、他の営業の人たちから聞くようになります。

 

当時、スマホとかワンセグとかありません.

ニュースは基本テレビからが主になりますので、会社にいるうちは正確な状況がわかりませんでした。

 

そのうち、昼休みになり、食事にいった先の店内のテレビで、ニュースの臨時放送を見て、状況を把握したわけです。

 

(すごいことが起こった・・・)

 

地下鉄で「毒ガス」を撒くって・・・

その前に「松本サリン事件」がありましたが、あれは建物の外からなので、まだあれとして(当然よくはないですが)、地下鉄は密閉空間ですからね。

 

悪意というか意図というか、

「こういうことをやろう」

と思って、実際にやっちゃう人たちがいるんだ・・・

というのが、本当に衝撃でした。

 

思えば、この1995年(平成7年)近辺というのは、いろんなことがありまして、1月17日には阪神淡路大震災が発生しました。

自分が、営業したときのお客さんで、1月に大阪にいて地震に遭い、3月に東京に転勤になって、サリン事件にあった、というひとが実際にいます。

 

個人的には、1994年(平成6年)12月に、住んでいたアパートが火事になり、文字通り体一つになってしまいました。

(もっというと、1994年(平成6年)6月に、バイトしてたパチンコ屋が火事になった)

 

その後、しばらくは近所の人のご好意で、2ヶ月間だけ安い家賃で部屋を貸してくれることになり、そこに寝袋だけで生活していた時期があります。

 

そんな生活をしていたある日のこと。

銀行にお金を下ろしにいったらATMが動いていない。

仕方ないのでキャッシングのほうから、お金を下ろそうとしたら、従業員みたいな人が立っていて、

「いま、キャッシングはできません」

といわれてしましました。

 

(今日はなんなんだ?)

と思いつつも、理由を聞いてみると

「当社の管理センターが神戸にありまして、そこが動かなくなってしまったからです」

とのこと。

 

(東京のATMとなんか関係あるの?)

(神戸って、どういうこと?)

先ほどもいいましたが、当時、スマホもワンセグもないので、さらに自分は火事にあったせいでテレビもなく、事件とか何にも知らないのです。

 

関西方面で大地震があった、と知ったのは、その日の夜でした。

 

 

 

 

今回の、死刑執行のニュースから当時のことを思い出してみました。

個人的にもいろんなことがありましたね。

 

まあ、事件のインパクトから、一生忘れることはないでしょう。

 

以上、今回のニュースを見て(聞いて)頭に浮かんだことをずらずら書いてみました。

 

では。