こんにちは やぐらです。

 

今回の記事はこちら

 NEWS手越と未成年女性の「飲酒パーティー」動画
(文春オンライン)

某芸能事務所の某タレントが未成年女性とお酒を飲んでいた、ということで番組休養なんかになっております。

 

で、ここの芸能事務所関係のニュースが出るたびに思うのは、他の事件関係と「なんとなく」違うことです。

とくに違うのは「肩書き・呼び方」のところですね。

「山口達也メンバー」と呼ぶメディアは何に配慮しているのか
diamond.jp

TOKIO「山口達也容疑者」ではなく「山口メンバー」に揶揄続出…ジャニーズへの配慮?
biz-journal.jp

この呼び方・肩書きですが、報道各社の決まりごとがありまして山口「メンバー」は実は呼び方としては「正解」なんですね。

(間違ってはいない、という意味)

 

おかしい印象を与えてしまっているのは、その前にあった「某稲垣メンバー」と「某草薙メンバー」のことがあるからです。

「某稲垣メンバー」は道路交通法違反、公務執行妨害、傷害罪で、「某草薙メンバー」は公然わいせつ罪で逮捕されているので、拘束されているうちは、呼称は「容疑者」になるはずです。

ただ、その後釈放されているので、そうなった時点で「さん」付けすればいいと思うんですが、なぜか最初から最後まで「メンバー」が付いてしまいました。

当時活字媒体はほぼ「容疑者」表記していたらしいですが、テレビはずっと「メンバー」っていってましたね。

しかも、他の芸能人で似たようなことがあった場合に「メンバー」表記はされないのでそのときの不自然さの印象が強いです。

今回また「メンバー」という呼ばれ方をしているので、逆に「容疑者」の隠語みたいになってしまっているような気が・・・。

厳密には山口「メンバー」は逮捕されてはいないので、普通に「さん」付けでいけばいいと思うんですけど・・・

(「某司会者」というのもありましたが、逮捕はされていないのでこれはOK?)

 

事件があったときの報道各社の呼称はどの会社もほぼ同じになっています。

刑事手続きの進み具合によって呼び方が変わりまして

「容疑者」

逮捕または指名手配された場合の呼称

「被告」

起訴された後から判決が出るまで

「受刑者」「服役囚」「死刑囚」

刑が確定した後

となってます。

 

逮捕されないで書類送検だけの場合は、「容疑者」を使わないようにしていて、

「会社員の男」など、職業や肩書きで報道して原則匿名なんだそうです。

ただ、「某メンバー」を「アイドルの男(46)」と職業で報道しても匿名性はあまりないので、実名報道してさらに「メンバー」をつけたのではないか、

という解説が多いですね。

 

ただこれねぇ~

人間がなんとなく感じる「違和感」をあまり軽く考えないほうがいいのではないかと思います。

先ほども言いましたが「メンバー」って、某芸能事務所のときだけに言われますからねえ・・・

あんまり言い過ぎると

「メンバー」=「某芸能事務所の容疑者のこと」

と、定着しますよ・・・

 

有名人になると、いろいろうっとうしいこともあるとは思いますが、本当に悪くないなら、そう主張すればいいだけのことです。

広辞苑なんかで「メンバー」という単語の意味に、あたらしい解釈が載らないように祈るばかりです。

 

ただ、この「メンバー」って考えた人のセンスはすばらしいですね。

ここだけはなんとか見習いところです。

 

では。