職場に来るのは何のため?

 

今回は 「働くことの意義」 についてです。

 

テーマが壮大なことになりそうですが、

 

ものすごい乱暴かつ簡単にいうと

「職場に何しに来てるの?」 ということです。

 

以前のブログでは、

 

同じ職場で、 割と若めのおねえちゃん2人

(といっても、既婚子ありもうすぐ40歳) が、

50代のおばちゃんたちが働かない と、愚痴ってくる、

というのを書きましたが、

 

その後20代のお兄ちゃんが入社してきてから

どうも様子が変わりました。

 

最近、お姉ちゃん2人は

そのお兄ちゃんと同じ空間にいたがるので、

仕事はとりあえずやってますが、

 

一度おしゃべりしだすと、 延々しゃべってます。

 

以前のお姉ちゃんたちは

人数足りない

時間足りない

と、駆けずり回っていましたが、

 

いまは、 「めんどくさいことは、やぐらにやらせよう」

みたいなことを言っているのを 聞いてしまったりします。

 

はっきり断言しておきますが、

自分は決して男尊女卑的な考え方は 一切しません。

 

体力的なこと以外は 男女同じ仕事をするべき と思うほうです。

 

しかしとっても残念なことに

「よく働くなあ」 と、おもう女性は

結局のところ 自分が見てきた限りでは

100人に一人くらいです。

 

特に一人でする仕事だと

 

そんなに感じませんが

複数でする仕事になると

「やる気ないよね」

という女性が目立ってきます。

(これは男性もそうですが・・・)

 

 

いくつか要因を考えてみましたが、 「その職場にどのくらいいるつもりなのか?」 というのが、 大きく関係してるような気がします。   自分を基準にすれば、 どの職場にいても 「もっと稼げる仕事をしたい」 と、思いながら仕事してるので、   仕事中は、 「ここをこうすれば」 とか 「もっと作業効率をあげるには?」 とか 考えながら仕事してます。   別に自分がすごいとか、 能力がある ということがいいたいのではなくて、 将来的には自分で 独立した仕事をしたいので、 いろんなことを考えながら 今の仕事をしている、 というだけなんです。   いい条件があれば、極端なことを言えば、 明日から転職してもかまわないのです。   自分は基本的に職場の人と あまり仲良くなりませんが 「この給料で一生働くなんて・・・」 というオーラが出てしまってるんだと 思います。   まあ、普通は好かれませんね。     逆に とにかく、正社員でなくても この職場に定年までいたいと言う人は、 年代に関係なく 仕事をがんばるよりも 人間関係を円滑に を、第一に考えてる人が多いように思います。   いくつかの職場で、 何人かの女性に聞いてみましたが、 「今の給料の倍稼げれば、転職するのか?」 と聞くと、 だいたい 「転職したい」 といいます。   しかし、よくよく聞くと 前職は、割と給料がいいのに その会社を辞めた理由が、 やはり人間関係的なこと という人が、多いです。   となると、 今の職場の居心地がいい限り 給料が安くても、長くいたい と、思う女性が必然的に多くなります。   そのこと自体は悪くないし、 結婚していて、主婦であれば 考え方が保守的になるのも ある程度はしょうがないです。   ただ、 それが自分には どうしても合わない・・・   「小売店なんだから、 売り上げを上げるのが一番」   この考え自体を否定する人は さすがにいませんが、   この考え方を前面に出して仕事すると、 「やり方がちがう」 「息がつまりそう」 と言われて、 そのうちお互い口もきかない感じになっていきます。   自分は、いままで働いてきた職場で こうならなかったところがないので、 悪いのは自分の方です。   ただ、仕事しないで仲良くしようとしても、 おそらく嫌われているでしょう。   なので、 どうせ、嫌われるなら 仕事できるようになっておこう。 と、思ってます。   前にも書いたと思いますが、 「そういう考え方だと苦労するよ」 と、何人にも言われました。   実際苦労してる気もしますが、 本人がそれでもいいと思っているので、 しょうがない。   そこを変えてしまうと、 自分が自分じゃなくなる気がして 嫌なんですね。 変えたら何かいいことがある 保障もありませんしね・・・   以前こんなことを言われたのが トラウマになってます。   自分のことについて、 ある人が、 「これじゃよくないから、こうしたほうがいいよ」 と言われて、 そのとおりにしました。   結果的には、その方法は失敗でした。 「結果的に、言われた方法は失敗でしたけど・・・」 と、その人に言うと   「たしかにアドバイスはしたけど、 そのとおりやるかどうかは自己責任。 おれが悪いわけではない。 人のせいにしてはいけない」 と言われたのを、思い出しました。   それ以降、仕事的なことに関して、 他人に頼るのは一切やめました。 すべては 「自己責任」 です。   なんとなく 思いつめすぎですかね・・・   以上、今回はただの愚痴でした。   まとまりなくて すいません   さらにもうひとつのお話   実は 自分の苦手な属性がありまして、 それは 「ほぼ同じ立場の人」 です。   どういう風に付き合えばいいのか 学校を卒業してから、 よくわかってないまま おっさんになってしまいました。   明らかに立場が違うときの方が楽なんですね。 「社長」「従業員」、 「上司」「部下」、 「先輩」「後輩」、 「営業、販売」「お客」、 などです。   これは自分がどちらの立場でも大丈夫です。 (「社長」はなったことはありませんが・・・)   少し意味合いが違いますが、 職場だと、 どちらかといえば 「男性」よりも「女性」のほうが 話しやすいですね。   自分と明らかに違う存在なので・・・   一番苦手なのは 「同期の男性」 です。   正直、何話していいかわかりません。   以前とある職場で、 同日入社した男性と女性がいました。   アドレスを交換しようと思って聞くと、 女性の方は教えてくれましたが、   男性の方からは 「なんで?」 と、 拒否されました。 (理由はいまだに不明)   同期の男性には いい思い出がホントにありません。   なんでですかね。 以上です。