コミュニケーション至上主義とは間逆の態度

 

今日は仕事もなかなか忙しくて、

プラス、人員も少なめで、

結局時間内に仕事が終わらないまま

終了時間になってしまいました。

 

今の職場は勤めて6ヶ月目ですが、

社会不適合の自分にとっては、

そろそろ自分の本性がばれつつあります。

 

 

自分の本性

それは、

「なんでも一人でやりたがる」

ということです。

 

ちょっとかっこよく言えば

「自己完結型」

らしいです。

 

よく言えば、責任感はMAXになりますが、

悪く言えば、全く協調性がありません。

 

別の言い方をすれば、

よく言えば、

「ここは自分に任せて、あなたは他の仕事を・・・」

 

悪く言えば、

「自分ひとりでやったほうが、結果的に早く終わる。

他人は信用できない」

 

こんな感じですかね。

 

 

 

「作業効率至上主義」

他人に好かれる、嫌われる 全く関係ないです。

「仕事を早く終わらせる」

これしか考えてません。

 

 

態度は一貫させましょう

最近ちょっとしたことがありました。   よくこのブログに登場する お姉ちゃんAさん、Bさんです。 (どちらも既婚37歳子あり)   どうも最近自分の陰口を言ってるっぽいのです。 Bさんの声が基本でかいので、 聞こえてしまいました。   その陰口の内容が 自分の一番嫌いなパターンでした。   「めんどくさいことは、 やぐらにやらせればいいんだからさー」   なにが嫌いなのか? と言えば、   ・仕事の能力に関しては信頼してるっぽい ・しかし、日常のコミュニケーションは取る気なし ・個人的には嫌い   ここまではいいのです。 個人的な好き嫌いは尊重するほうです。   ただし   ・シフトの関係上、Aさん、Bさんがどちらか一人のとき やたら自分を頼ってくる ・一人のときと、複数のときの態度が180度違う   これがダメです。   自分だったら、完全シカトです。   仕事が間にあわなそうだとしても、 サービス残業してでも、 その人の力は借りません。 いないことにします。   そもそも、 仕事をちゃんとする人を、 嫌いになることはないので、 態度を変えることがありません。   逆に 仕事をしない人は、 好きになることがないので これまた、態度を変えることがありません。   これを、ころころ変える人というのが、 全く理解できません。      

原因は完全に自分にある

いままで、働いてきた職場は、 ほぼ、こんな人間関係に なってしまっていたのですが、 原因は完全に自分にあると思います。   で、 なんでこうなるか? を、 考えてみたのですが、 とある職場のおばちゃんとの会話で ちょっとだけ気づきました。
「やぐらさんは、すごい仕事するけど  すぐ辞めそうなんだよね」
「悪い意味じゃなく、  ここじゃ満足してない感じ」
「女の子と付き合っても、  何でも自分が面倒みる感じでしょ?」
ほぼ、当たってるような気がします。
「定職に就いていない」 「すぐ、職を変える」
と、身内からよく怒られますが、 (一応長いところは15年ほどいましたが・・・)   基本独立志向が強いので、 そこにいる人間関係や会社には そもそもあまり興味がないのです。     何のために仕事してるか? と言えば、  
「独立したときのために・・・」
    大きく言えばこの1点です。   人間関係そのものは興味がないのですが、 例えば、すごい仕事する人がいたとして、
・この人はもともとそうなのか?
・この会社に入ってから仕事するようになったのか?
・がちがちの指示をしたからなのか?
・自主性にまかせたからか?
・この人を面接の段階で見抜けるのか?
・違う担当でも、すごい仕事をするのか?
    独立したときに、 もし人を雇えば これらのことは、 必要になってくる要素ではないかと思います。   そのための練習と思えば 仕事もまた違う楽しみがあります。   それとも 自己完結型なのであれば、 完全に一人でやるのか? とか、   職場が スーパーで小売店なので、 商品が売れたのは、こんな仮説では? とか、 こんなことばっかり考えて仕事してるので、 仕事中は基本無愛想です。   職場の人とのコミュニケーションとか 二の次です。   なので、職場の人からは嫌われます。 いろいろ損なこともありそうですが、 それでもいいんです。 あきらめてます。    

まだまだ、がんばります。

さて、 独立に向けた仕事ですが、 実は25歳の時と、 30歳の時におおきく失敗してまして、 ほんと最近まで、そのリカバリーをしてました。   ようやく、ここ2年くらいで 仕切りなおしの準備が出来てきた。 と言う感じですね。   なんとかなりますかね?   いや、なんとかしないといけないんですけどね。   こんな時は ケンタッキーフライドチキンを 食べましょう。   あの、 カーネルサンダースさんは、 KFCを65歳で始めたのは 有名な話です。   あきらめなければ なんとかなりますよ。 (たぶん)   この回終了。 では。

         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA