他人のことを真剣に考えてあげれば、ここまでできるのです

対面でなくてもここまでしてくれる人がいる

 

ちょっと難しめのお話が続いたので

たまには軽めのお話です。

 

心理学関係のことをいろいろ 書いてきましたが、

基本的には、

自分、または他人を

どちらかと言えば嫌い

という前提で書いております。

 

自分も当然聖人君子ではないので

自分や他人を嫌いになったこともありますし

逆に嫌われたことは当然あります。

 

まだまだ勉強不足ではありますが

自分の経験なんかが

「役にたった」

「知りたかったことがわかった」

ということを目標にしてます。

 

そこで、

自分の悩み事に対して

他人はどこまで聞いてくれるのか?

というのを、

少し勉強させていただきました。

 

 

「お話相手」

「愚痴聞きます」

というところ数件に

いろいろ聞いてみました。

 

(あまりに高額料金のところは除く)

 

内容は まったくの創作だと

リアリティがなくなるので

以前いた会社で実際にあった

人間関係のトラブル的なことにしました。

 

自分によくあった人間関係の悩みは

「仲良かった人が急に冷たくなる、

会話どころか挨拶もされなくなる」

です。

 

これホントに多いんです。

 

何件かほぼ同じことを 聞いてみましたが、

一番自分の中で ひどかった回答は

「嫌われるのは生理的に嫌われてる可能性あり」

「だめもとで動け」

「失敗も大きい目で見れば前進」

「実は答えはあなたの中にある」

というものです。

 

回答をしてくれたのは女性の方です。

なぜ、ひどいと思ったか というと、

最初の概要的な質問のときに

すでにこの答えが ずらーっと返ってきまして、

「何かのマニュアルのコピペ?」

と、おもったくらいです。

 

一番よかった方は

「ここのところの状況をもっと教えてください」

「LINEであれば、どういう会話をしたか

何百通でもいいので、やりとりを教えてください」

 

お言葉に甘えさせていただきまして、

こちらからは6000文字以上の送信、

先方からも4000文字以上の返信をいただきまして

 

最終的には 先方から

「こんな感じでは?」

と、いただいた答えが

 

自分がうっすら感じていたこと そのもので

ホントにびっくりしました。

 

直接対面で話してなくても

ここまでできるんだなあ と、

感動すらおぼえたくらいです。

 

 

他人(相手)のことを

「もっと知ろう」、

「興味を持とう」

 

マイナスのことを

言われたり、されたりしても

「なんでそう考えるんだろう」

「なんでそういうことをするんだろう」

 

逆に 自分自身に向けては

「どうしてそう考えるんだろう」

「どうしてそう思うんだろう」

と、自分に興味をもてば

 

また、ちがった世界が広がるんだなあ と、

確信しました。

 

いまつらい状況に置かれている方でも

だれかしら、

あなたの言葉を聞いてくれる人が いれば、

必ずその困難はいい方向へ向かうはずです

 

また、他人の言うことには

とりあえずでも

じっくり聞くだけでいいので

やってみてください

(意外と難しいですよ)

 

そんなことを思った1日でした。

 

最後まで読んでいただいて ありがとうございました

 

         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA