「人生態度」 とは?

 

「人生」も「態度」も 知ってる言葉ですが

合体してるところを見るのは初めてです。

 

人生態度とは何なのかと言えば、

自分の人生に対する考え方(態度)

ということです。

 

これは 4つに分類されます

 

1. 自己肯定・他者肯定

   「自分」ok:「相手」ok

 

 

2. 自己肯定・他者否定

   「自分」ok:「相手」not ok

 

 

3. 自己否定・他者肯定

   「自分」not ok:「相手」ok

 

 

4. 自己否定・他者否定

   「自分」not ok:「相手」not ok

 

 

解説はこちら

 

 

 

 

それでこのことを

「ok牧場」

といいます。

 

聞いたことはあると思いますが

ちゃんとした

「心理学用語」

です

 

某元ボクシング世界チャンピオンや

某西部劇の映画とは無関係です。

 

 

 

 

 

 

この 「人生態度」 は、

3歳~7歳くらいに 出来上がる

といわれていまして

 

このときの 「人生態度」 が、

その人が大人になったときの

対人関係のあり方に

影響を与えることになります

 

それぞれの特徴です。

 

1. 自己肯定・他者肯定

   「自分」ok:「相手」ok

 

自分の対しても、相手に対しても、

肯定的な態度になります。

豊かな人間関係を築ける、

とされています

 

 

 

2. 自己肯定・他者否定

   「自分」ok:「相手」not ok

 

相手に対して疑い深くなったり

支配的、排他的になる傾向があります。

 

また、自分都合の悪いことは

相手のせいにしようとします

 

 

3. 自己否定・他者肯定

   「自分」not ok:「相手」ok

 

自分に対する否定的な感情が強いので

劣等感、憂鬱感、に悩んだりします。

 

自分の行動は、消極的になりがちです

 

コミュニケーションとしては、

自己防衛(言い訳)の傾向が強くなります

 

 

4. 自己否定・他者否定

   「自分」not ok:「相手」not ok

 

これは、

人生を 無価値に感じるくらいに

なる人もいます

 

相手を拒否し、

自分の殻に閉じこもる傾向があります

 

 

 

 

 

 

この 「人生態度」 は、

明らかに 1.自己肯定・他者肯定

がもっとも良いです

 

 

もし、2~4の状態だったとしても

自分または相手が

どの状態の考え方になる傾向が強いか

を知ることで

 

その状況を改善していくことは

十分可能です

 

やはり

「自分の考え方のくせ」

は、人それぞれの傾向というのが あるので

 

「自分が信用できない」

「相手と合わない」

 

と、いきなり悩む前に

 

「自分、相手はこういう傾向なのかも」

 

と、思ってみると 少しだけ、

気が楽になると思いますよ

 

この回は以上です

 

最後まで読んでいただいて

 

ありがとうございます