独身者と既婚者で一番意識が違うところ

 

 

今回は、お金のお話です

 

ここ2年くらいで、

周りで結婚する人が増えまして、

部外者として、

「独身の男」→「夫、父親」

と、変化する様子を見させていただきました。

 

彼らの生活面で影響を受けているのが

やはりお金の使い方です。

独身ver から 家庭の人ver にならないといけないわけですが

話を聞く分には、涙が出そうになるときもあります。

 

「タバコ代」
子供が生まれてから

「家で吸うな」 くらいだったのが

「絶対吸うな」 に、なった人はけっこういまして

「家族を持つのは大変なんだねえ」

と、思わずにはいられません。

 

「タバコ、ライターを家に置くのも禁止されたので

休みの日でも、会社にタバコだけ吸いに来る人」

がいまして

 

その人は会社のロッカーに、

タバコとライターが置いてあるのですが、

「ちょっと、会社に忘れ物をした」

と言って喫煙所にタバコを吸いに来るのです

(会社は24時間稼動していて、外に喫煙所がある)

 

においでわかりそうなものですが、

「周りに吸っている人がいるからそのせい」

で、嫁に対してはどうにかなっているそうです。

(ほんとかな?)

 

3歳の娘にときどき

「パパ、くさい」

と言われるらしいのですが

「今のところ、娘の買収はうまくいっている」

とのこと。

 

タバコに関しては、

自分は吸わなくなって10年ほど経ちますが

10年前当時で、1箱280円くらい

1日4箱とか吸っていたので

タバコ代が、月25、000円くらいでした。

 

今は、1箱500円近くしますので

たしかにタバコをやめれば

家計は大助かりになるのもわかります。

 

「ガンプラ代」
ガンプラに限らず、旦那の趣味にかかるお金です

 

自分の職場いた人ですが

結婚即出産したので

嫁からのお達しにより

先ほどのタバコもそうですが

「趣味のお金」

も、全面禁止にされました。

 

その人は、毎月ひとつは

あたらしいガンプラを買っていたのですが

全面禁止にされたので、

毎日、嫁と子供が居ないときに

(日中は、徒歩5分の嫁の実家にいる)

ガンプラのほこりを払いつつ、

1日1時間はゆっくり眺めているそうです

 

結婚当初

「ガンプラ全部売ればお金になるじゃん」

といわれたそうですが

そこは死守した模様

 

2歳になった子供が

怪獣のようにガンプラに襲い掛かるらしいのですが

それもどうにか死守しているようです

 

この人の場合、

「えらいなあ」

と、思うのはとりあえずでも

出費に関しては嫁の言う通りにしていること

 

「車が趣味」

とか言う人は、結婚,出産しても

なかなか出費がとまらないようですね

生活に影響ないほど稼いでいればいいのですが

そうじゃない人の話はよく聞きますからね

 

「500円払った後のおつりの攻防」
夫婦2人+子供3人という人がおりまして

ある日家族で縁日に行ったそうです

 

子供に、お菓子を買ってあげて

おつりが200円だったので

自分用に

アメリカンドッグかなんかを買ったそうです

 

それを見た嫁が激怒

「おつりは?」

「これ(アメリカンドッグ)買ったよ」

「は?あんたの分はないよ」

「別にいいじゃん」

「そういえば、この間のおつりも

もらってないよね」

「返したよ」

「知らないよ」

「(以下、延々と続く)」

 

この人は確かに

(その給料でよくやってる)

と、みんなから言われていたのですが

嫁の管理があってこそ

なんでしょうね

 

自分には無理かなあ・・・

 

まあ、中島みゆき風に言えば

「それを幸せと呼ぶのです」

といったところでしょうか。

 

「ギャンブル関係」
独身時代はパチンコ、パチスロ、競馬、競輪

いろいろやってると

結婚してから、きっぱりやめれてる人は

なかなかいないです

 

ただ、自分の見えてる範囲内では

生活を優先している人が多いのは

えらいなあと思います

 

よくあるのが、

パチスロなんかだと、

あと、何千枚か出るのは確定しているけれど

時間がないとき

(子供の保育園とか)

これを、さぼって保育園迎えに行かないとか

家に帰ってこないとか

そこまでやる人はさすがにいないですね

 

こういうときは、「代打ち」といって

変わりにパチスロを打ってくれる人に頼むのですが

こんなときに嫁に禁止されている彼が登場したりします

(こういうときは、「仕事頼まれた」でなんとかなるらしい)

 

「パチスロ打ちたい」

「自分の懐は痛まない」

俗にいう

「win-win の関係」

というやつです

 

しかも、

最初にそのパチスロを打っていた人から

あとで、代わりに打った人へ

そこそこの「おひねり」を渡すのが礼儀

となっております

 

そのときは、

最初にパチスロを打っていた人の勝ちは

最終的には、プラス30万オーバー、

代わりを頼んだやつに

「おひねり」(給料の5日分くらい)

も払いましたが、

それでも結構な金額が残ったそうで

ほくほくでした

 

が、

その後嫁にバレて、全額没収されました

通帳も持つことを許されていないので

(財布はすぐバレる)

多額の現金を隠す場所がなくて

見つかったそうです(合掌)

 

こどもが小さくても

休みの日には、朝からまっすぐパチンコ屋にいく

という旦那も結構聞きます

 

ギャンブル関係は

お金もそうですが

時間も結構とられるので

うまく折り合いをつけないと

生活に影響でますよね~

 

 

例として自分が見てきた

すごい狭い範囲の人たちですが

基本的には平和な家庭を築いている

という印象です

 

あえて、共通点を探せば

「酒を飲まない」

ということでしょうか

 

飲み会があれば集まることはありますが

結婚、出産してからは

誘うほうも遠慮するようになるので

「ほとんど飲まなくなった」

そうですね

 

飲み代も外だと

結構高くつきますからね

 

とまあ、なんかほんわかしてしまいましたが

この辺を旦那が

うまくやれば家庭はそれなりに平和

できなければ「旦那死ね」

ということですね

 

この回、終了

では