「自分で気づく」は「教わる」より数百倍、納得感がある。というお話。

こんにちは やぐらです。

 

今回はこちら

 

izoomi-momo.jugem.jp

 

 

人から教わろうとしてみる

 

 

今、自分の中でモヤモヤとしているのが、「自分が望むための結果を出すためにはどうすればいいのか?」みたいなことです。

 

例えば、このブログは思ったことをほぼそのまま書いていますが、

「記事の中でいいたいことは書けたか?」

「他人が自分の記事を読んで、『この人はこんなことがいいたいのだろう』というのが伝わっているか」

ということは一応気にしてはいます。

 

もっとかっこよくいえば、自分の記事を読んで、『役に立った』『おもしろかった』とか思ってもらえれば、なおいいわけです。

 

 

 

また、別のブログ、サイトもやっておりまして、こちらは、なんとか収益を発生させたいなあ、と思っているわけです。

 

当然、ただの物売りだと見向きもされないので、いろいろライティングやらサイトのデザインやらを勉強していますが、今の所、自分が目標としている結果には至っていないのであります。

 

そこで、そこそこのお値段のする、「ライティングを教えてくれるところ」にここ数ヶ月お世話になっているのですが、自分の中ではまだちょっと違和感がありまして、「結局どうすればいいのか?」と、やや迷走し始めています。

 

現在、「ライティングを教えてくれるところ」は、基本的には何かを教えてくれるわけではなく、

(ホントはメール講座みたいなことをしてくれるはずだったのですが、なぜか数ヶ月たってもスタートしない)

受講生の方からの質問、記事添削依頼があればいつでも受けますよ、というスタイルになっています。

 

一応、自分としては「まだまだ初心者」という自覚があるので、「教えてもらったことをそのままやってみました」みたいな「型」のようなものをとりあえず欲しかったのですが・・・

 

仕方がないので、手探りで他の書物やらサイトやらを参考にして、自分なりに記事を書いてみて、記事添削の依頼を数回してみました。

 

こちらとしては、まだまだ収益という結果が出ていないレベルの記事なので、いろいろ厳しく指導されるのかと思いましたが、

(ここの教えてくれる人が修行時代に『自信を持って書いた記事をボロクソに言われた』と言っていましたので)

 

添削の指導としては記事のレイアウトに関することがほとんどで、いくつか、記事の構成とか内容とかの質問をしても「問題なし」という回答です。

(ヘッドコピー、記事のタイトルの指摘はありましたが)

 

「『だめ』と言われていないということは『いい』ということ」と、プラスに解釈してその記事をワードプレスでサイトに公開して反応を見ていますが、いまのところ特に目立った動きはありません。

 

(ワードプレスは、時間がかかる・・・)

 

近況がこんな感じなので、なんとか自分が前に進むためにはどうしたもんか・・・と、探っていたら冒頭の記事にあたったわけです。

 

 

 

人から気づかせてもらう

 

冒頭の記事の概略は、美術大学の学生がデッサンの練習をしていたのですが、教授が何も教えてくれない。ただひたすら書けと言われる。

 

自分では、もう完璧な作品と思ったのでしびれを切らして、自分の作品を教授に見せたら「ここがちょっと曲がってる」という指摘をされました。

改めて自分の作品をよく見るとたしかに曲がっている。

 

そして教授からは「とにかくよく見ること」とだけ言われます。

 

そこで、自分で改めてよく見ると細かいところでおかしなところがある、

細部がおかしいので全体が歪む、ということに「気づいた」そうです。

 

この教授は、「やり方を教える」のではなく「自分で気づくこと」を教えてくれた。

ということなんですね。

 

 

 

とにかく意識することが大事

 

 

言い訳がましくなりますけど、この「気づく」という感覚は、他の本でも読んでいたので、一応知ってはいました。

 

ただねえ~

実際はなかなか難しい・・・

 

一番おもしろいなあ、と思ったのは

「自分の成功するための方法は自分で考えなくてもよい。実は世の中にたくさん落ちている。それに気づくかどうか、だけ」

というもの。

 

心理学では「カラーバス効果」(Color bath effect)といわれます。

色で説明するのがわかりやすいようなので・・・

例えば、窓の外の景色を見て一度目を閉じます。

そして「今見た景色の中で赤いものはありましたか?」と聞きます。

 

この質問の後、目を開けると、窓の外の景色の中で「赤いもの」が目立って見えるようになる、という心理的効果のことです。

 

ベンツを買う

→ 「街中で結構ベンツが走っている、と気づく」

 

→ (実際に台数が増えたわけではなく、意識の違い)

 

 

歯のホワイトニングをする

→ 「他の人の歯の色が気になる」

 

→ (これも意識の違い)

 

どこかの結婚アドバイザーだったと思いましたが、独身女性向けのセミナーで

 

「自分の理想とする結婚相手のスペックを紙に書いて見やすいところに貼ります。」

 

「そして、これを毎日声に出して読み上げます。」

 

「または、毎日この紙を眺めているだけでもいいです。」

 

という話をしたそうです。

 

参加者の多くは「たったそれだけ?」と、懐疑的だったそうですが・・・・

 

これは

 

「自分の理想としている相手がいたときにすぐに気づくように」

 

という目的だと思われます。

 

チャンスが目の前にあっても、ほとんどの人がスルーしてしまうから。

ということです。

 

「意識していないと気づかない」のです。

 

 

 

また、自分自身への「納得感」というのは、人から教えてもらうよりも、自分で気づいたことのほうが数百倍も説得力があります。

 

なので、「教えるのが上手い人」というのは「気づかせてくれる人」なんでしょうね。

 

自分も「何か自分にとっていいもの、いい情報はないか?」という意識があったので、

冒頭の記事に出会えた、気づけたということなんでしょう。

 

せっかくの「気づいた」チャンスなので、なんとかものにしたいところです。

 

では。

 

 

 

         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA