こんにちは やぐらです。

 

今回は、やる気のお話です。

 

 

エロパワーは偉大である。

 

自分の好きな話の一つです。

 

あるお坊さんが病気になり、しばらくすると症状が悪化してしまいました。

 

意識が朦朧としたのち、気がつくとそのお坊さんは三途の川の「こちら側(この世)の縁」にいた、ということでした。

 

自分でも

「いい人生と言えばいい人生だった」

「もうこれでいいだろう」

とおもい、川岸につけてある渡し船に乗り込み、向こう岸(あの世)を目指して船を漕いでおりました。

 

しばらくして、あることが頭によぎりました。

 

「そういえば、あの世にキャバクラはあるのだろうか?」

と。

 

お坊さんは思いました。

「向こう岸にたどり着いて、もしキャバクラがなかったら、もう戻ってこれない」

 

それから、船先を逆に向け、全力で船を漕ぎ出し、最初の川岸に戻ってきたときに、また意識が朦朧としてきて・・・

 

その後、気がつくとそのお坊さんは病院のベッドにいました。

 

さらにしばらくして、そのお坊さんの病状は奇跡的に回復し、無事またキャバクラに行けるようになりました。

 

というお話です。

 

実話か作り話かわかりませんが、

「お坊さん」「三途の川」「死」と

「キャバクラ」が絶妙に絡んだ「いいお話(?)」だと思います。

 

男にとって、「エロパワー」というのは、ときどきものすごい力を発揮しますしね。

 

 

 

発展した理由に「不純」あり

 

システムの発達も、さまざまなところに「不純な動機」があったりします。

 

映像系メディアのシステムが普及した理由の一つに、「家庭で手軽に、エロ映像が見たい」ということがあった、と言われています。

 

ビデオ、DVD、ブルーレイ、インターネット、VRなど。

 

必ず、新しいシステムの中に「エロ」が存在しています。

 

また、軍事関係から発展していったものも多いです。

 

インターネット、造船技術、相対性理論、コンピューターなど。

 

 

自分でも、「競馬のデータ」をたくさん計算させたいために、ExcelとAccessはかなり勉強しましたね。

 

それなりにExcelは使えるはずですが、履歴書に「Excel使えます」とは、書いておこうという気には、いまのところなりません。

 

会社の業務に必要なスキルと、競馬のデータ処理能力が、同じなのかどうかわかりませんしね。

 

また、某東京の繁華街のコンビニでバイトしていたときに、一緒に働いていた上智大学の人との会話で、

「英会話をもっとも早く覚える方法は、どうするのがベストか?」

という議論をしました。

 

結論は、

「男なら外人の女と遊ぶ」

「女なら外人の男と遊ぶ」

のが一番ではないか?

 

となりました。

 

実際、外人のお兄ちゃんと遊んでそうな日本人のお姉ちゃんは、英語ペラペラな人が多い印象でしたが・・・

 

 

 

詐欺師が法律や心理学にとにかく詳しかったり、

(犯罪はだめよ)

 

楽して金儲けしようとおもって、働かなくてもいいようにシステムを一生懸命考えたり、そのための資金を貯めようと思って、がむしゃらに働いたり、一周回って、実際には「王道」と呼ばれる方法に戻ってきたりしています。

 

あなたがやろうとしていること、なりたい姿などを、一旦不純なものに置き換えてみたらどうでしょうか?

 

意外とそのほうがやる気が湧いたり、新しいアイデアとか見つかるかもしれませんよ。

 

今回は以上です。

 

では。