lZk0JseCRpiMDoa7FhLSq5F1M0b0BwX_bzIlX0jBfw

0年 0月 の投稿一覧

77歳が、ジムに通い始めました。

 

こんにちは やぐらです。

 

うちの母親(77)が 今日からジムに通い始めました。

 

65歳過ぎてから、 太り始めまして、

洋梨に爪楊枝を刺したような 体型をしております。

(すまん)

 

体の方は、若干血圧が高いくらいで

いたって健康ではありますが、

 

体力の衰えは、自分でも感じてるようで、

 

特に 「長時間歩けなくなった」 と、

申しております。

 

去年東京へ旅行に行きましたが、

駅とかやたらと歩きますから、

5分おきくらいに

「どこか座れるところ・・・」

と、ぶつぶつ言ってましたね・・・

 

 


本人の目指すところは

「80歳で筋肉ムキムキのばあさん」

だそうで、

実際に知り合いにいるそうです。

 

まあ、長生きするなら

健康でいてくれれば、大変助かります。

 

写メとって記録に残そうと思ってますが、

本人にはまだ交渉しておりません。

 

しばらく、追いかけてみることにします。

では。


とりあえず、「待機児童」について調べてみた

こんにちは やぐらです。

 

とりあえず、 全く予備知識がないため

基本からのお勉強と

素朴な疑問を調べてみます。

 

 

「待機児童」は、何を待っているのか?

まず、「待機児童」の定義です

 

「待機児童」とは?

保育所への入所申請がなされており 入所条件を満たしているにもかかわらず、 保育所に入所できない状態にある児童のこと。

申し込んでOKならばすぐ入園 というイメージですが、

入所条件が複数あって、

さらに入所条件に優先度があるので

定員より多く入所希望があれば、

入所順に優劣がつけられるようです。

 

ただ、入所希望そのものは 取り消されないので

順番が来るまで待ってる

(うちの自治体は月1回審査があるようです)

ということのようです

 

ちなみにうちの自治体の決まりです。

選考基準・利用の決定 保育所等選考基準

選考は、受入可能数に空きがある保育所等について、 以下の優先順位に基づき、 各家庭の諸事情を総合的に勘案したうえで行います。

《優先順位A》 保育の必要性、緊急性がともに認められる保護者の状況 例(順不同) ・月150時間以上程度の就労、就学のため保育が必要な場合 ・保護者の長期入院や重度障がいなどで、保育が必要な場合 ・重度の要介護者や障がい者・長期療養を要する病人などを  常時介護するため、保育が必要な場合 ・保護者や近隣・親類の住居が  震災、風水害、火災などの災害を受け、  その復旧に従事しているため保育が必要な場合

《優先順位B》 Aに準じる要件があり、保育の必要性が認められるが、 Aよりは緊急性が少ないと思われる保護者の状況 例(順不同) ・月90時間以上~月150時間未満程度の  就労、就学のため保育が必要な場合 ・保護者の短期入院や中程度の障がいなどで、保育が必要な場合 ・中程度の要介護者を常時介護するため、保育が必要な場合 ・母が出産の前後のため、保育が必要な場合

《優先順位C》 保育の必要性が認められるが、 Bよりは緊急性が少ないと思われる保護者の状況 例(順不同) ・月60時間以上~月90時間未満程度の就労、就学のため  保育が必要な場合 ・内職をしているため、保育が必要な場合

《優先順位D》 Cよりは緊急性が少ないと思われる保護者の状況 ・就労を予定し、求職活動中である場合

ひとり親家庭などの場合や、 産休・育休明けの復職の場合(※)は、 優先順位が高くなります。 ※産休・育休明けの復職の場合は、 産休・育休終了日が属する月 (終了日が1~13日の場合は、  終了日が属する月及び  その前月、終了日が末日の場合は、  終了日が属する月及びその翌月) の選考において優先順位が高くなります。

 

 

 

保育園の設立目的が

「保育に欠ける」

人たちのためのもの なので、

 

その「保育に欠ける」度合いの強さに

応じているのがわかります。

 

この中の 《優先順位A》にある

・月150時間以上程度の就労、就学のため保育が必要な場合

は、世間一般でいう 「共働き」 でしょうから、

 

これが《優先順位A》になっているのに、

「待機させられる」 ということは、

よほど定員が少ないか空きがないか、

だと思われます。

 

ただ1日7時間、20日勤務だと140時間なので、

「150時間以上程度」

にならないんですかね?

この辺はちょっとわかりません。

 

 

 

実際のところ「定員」って何人?

これは、国の保育園の認可基準

うんぬんもありますが、

 

保育園も急に出来たり

なくなったりするわけではないので、

「全体としての定員」 というのが決まってるはずです。

 

うちの市の場合

私立保育園(所)が87ヶ所

定員は合計で5260人

になってます。

個別の定員は20~200人です。

 

幼稚園は31ヶ所

店員は4306人です

足すと9566人

 

人口統計でいくと

0歳~5歳人口が11135人(平成25年度)

1歳~5歳人口が9429人(平成25年度)

なので、

個別のミスマッチを除けば、

定員自体は足りてるように見えます。

 

幼稚園の方で言えば、

園児集めに相当苦労してる、

という噂はたまに耳にしますが・・・

 

 

以下続く。

とりあえず、いったん終了

では。

とりあえず、保育園落ちた方の"不承諾通知"を買い取ってくれるらしい

こんにちは やぐらです。

 

最近お気に入りの 「不満買取センター」 ですが、

いろいろ見てますと、

世の中

いろんな人がいて、

いろんな会社があって、

いろんなサービスがあって、

いろんな考え方があって、

 

そして

いろんな不満がある

 

そしてそして

その不満を解消すべく

新しいことが生まれていく

ということなんでしょう。

 

で、 「何かを買い取るところ」 を、

見てましたら、 こんなものがありました。

 

「保育園落ちた方の”不承諾通知”を

 1万円分で買取ります!」

⇒ キッズライン

 

注:現在は終了してます。

  毎年2月~3月ころやってるようです。

 

率直に 「すごいことするなあ」 というのが、

第一感でしたが、 よくよく読むと、

うまいこと考えられてます。

 

システムは、こうなってます。

 

もともとこの会社は

ベビーシッターを紹介する会社でして、

簡単に言うと

 

ベビーシッターの利用料は

1時間1000円から、 という料金設定なので、

保育園の不承諾通知を買い取った

10000円分を、利用してください

ということになってます。

 

ベビーシッターって

「お金持ちが使うもの」

というイメージがありましたが、

 

一般庶民でも なんとか利用できる金額なんですかね。

 

ただ、1時間1000円でも

ちょっと高いと思いますが・・・

 

ベビーシッターの方の

時給分は最低限かかりますから、

こんなもんですか・・・

 

何度も言ってますが、

自分は未婚、子なし、

なので、

 

結婚とか、子育てとか

 

「直接は関係ないからね」

 

と、あるかもしれない将来のこと

くらいの感覚でしたが、

 

特に先入観のない状態で

知識として知っておくのも いいのかも、

ということで調べてみました。

 

これを勉強して、

市会議員にでも立候補しようかしら?

と、思いましたが、とんでもないです。

 

なかなかややこしいです。

 

いろいろお勉強しようと思いましたが、

ちょっと膨大なことになりそうなので、

いったん戦略を練って、

詳しいことは、そのうち・・・

今回は、とりあえず ここまで。

 

では。


とりあえず、今日は「中島らも」さんが亡くなった日(7/26)

こんにちは やぐらです。

 

今日7月26日は

「作家:中島らもさんが亡くなった日」

(2004年) です。

 

今年は13回忌というやつですかね。

 

らもさんの本は結構読んだつもりですが、

内容はほとんど思い出せません。

 

「明るい人生相談」

シリーズは全巻買って読みましたが、

頭の中をひねり出しても、

何にも出てきませんね・・・

 

パターンとしては、

深刻な悩みに対して、

軽ーく、かつ、

でも実は鋭い回答を していたはずなんですが・・・

 

小説で有名なのは

映画化もした

お父さんのバックドロップ

ですが、

 

こちらも自分が記憶してた

トーリーと若干違ってまして、

悪役の覆面レスラーだった父親がいやで、

友達にもそのことを話せなかった息子のために

タイトルに挑戦する

 

という内容だったような・・・・

 

映画化みたいな実写版は 基本見ないのですが、

このレスラー役が宇梶剛士さん というのは、

わかってましたが、

息子役は神木隆之介さんなんですね

今日初めて知りました。

 

実は、自分のブログも

真似したい作家さんという方がいまして、

そのうちの一人が 「らも」 さんです。

まあ、真似しきれませんけどね

 

また、読み返してみたいとおもいます。

では。

 

とりあえず、子供向け番組について考えてみた。

こんにちは やぐらです。

 

今日のテーマは 「子供向け番組」 についてです。

 

何かの投稿で、

 

「夕方はニュースではなく

 子供向けのアニメにしてほしい」

 

というのを見かけました。

 

まったく同感であります。

 

自分は地方に住んでるので、

とりあえず、 キー局の番組表を拾ってみます。

 

黄色がアニメですが

もう、NHKのEテレしかないですね・・・・

 

自分は未婚子なしなので、

それぞれの家庭の事情はわかりませんが、

 

職場のお母さんたちの会話でも

「うちの子は、ほとんど youtube

 というのもわかります。

 

これでは、子供に見せる番組がないです。

もしくは、 レンタルかスカパーになりますよね。

 

学校とかでも

「昨日あのテレビ見た?」

という会話になるんでしょうか?

 

 


自分が子供のころは (約40年前)

朝の情報番組とかなくて、

ウルトラマン」か 「トムとジェリー」 の

再放送ばっかりやってまして、

わざわざ、早起きして見ましたけれど・・・

(ビデオデッキはお金持ちのところにはありました。)

 

で、最近マーケティングとか

いろいろかじってみましたが、

 「アニメは子供しか見ない」 というのが、

テレビ局的には なんかまずいんですかね?

 

夕方の再放送とか

視聴率はさすがに20%とかは

取れないかもしれませんが、

 

ニュース風バラエティ番組を、

あさ4時から、よる12時近くまで

やる意味がありますかね?

 

インターネットの

ニュース速報以上の番組は 実際ないですからね・・・

 

独自のスクープとか

長期密着とか

テレビだからこそ、 とか、

なくなりましたねえ・・・

 

 


夕方4時5時は、

旦那はお仕事

主婦はご飯の支度

なのでテレビは 小学生向けで十分じゃないですかね?

 

お年寄りを狙いますか?

 

個人的なことですが、

うちの婆さんは スカパーしか

見なくなってしまってます。

 

 

商品、サービスを考える前に、

「誰に売るか?」

これを1番先に考えないといけない。

 

らしいです。

 

万人受けを狙うと、

結局、誰にも刺さらない

ということらしいです。

 

テレビなんか

その辺を1番わかってる

業界のような気もしますが・・・

 

まあ、素人考えですが、

こんなところです。

 

この回終了 では。

 

(PR)

とりあえず、自分の顔を鏡でじっくり見てみた

 

こんにちは やぐらです。

引き続きまして 「不満買取センター」 です。

 

今日は自分に ”刺さる” 不満がいくつかあって、

せっかくなので、 ゆっくり考えてみました。

 

その不満は 「唇の縦ジワが気になる」 (20代、女性)

というものでした。

 

「不満買取センター」 なので、

自分の顔に対する不満を 買い取ってもらう

ということなんでしょうか?

 

最初は 「あ、そう」 くらいのものでしたが、

ちょっと気になったので

自分の顔をじっくり鏡で見てみました。

 

唇の縦ジワとか 普段気にしたことはないので、

自分の唇をよくよく見てみると

縦ジワになってるような気もしますし、

そんなに目立つ感じではない、

とも思ってますが・・・

 

口紅とか塗れば もっとはっきりすると思いますけど

違う方向に行くとよろしくないので、

さすがにやりませんけどね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品メーカーを検索しますと、

資生堂 MAQuillAGE)

 

 

カネボウ コフレドール)

 

普段余り気にしませんでしたが、 改めて見ると、

たしかに唇の縦ジワは目立ちませんね。

 

「唇の縦ジワ」で検索しますと、

「目立つと老けて見られる」 と、

書いてあるのがほとんどです。

 

ちなみに自分の唇

48歳のおっさんって こんなもんでしょ?

お手入れして、 ぷるぷるだったりしても

なんか気持ち悪いだろうしねえ・・・

 

 


こうやって考えると、

女性はきれいに見られるために

相当の手間と努力とお金を

かけてるのがわかります。

 

最近全く縁がありませんが、

デートとかして、 女性がきれいにしてきたら、

「ありがとう」

と、心の中で思うようにしましょう。

 

この回終了 では。


 

とりあえず、うちの店はレジが遅いのが売りです。

こんにちは やぐらです。

 

以前書きました 「不満買取センター」 です。

 

久しぶりにサイトを 見てみましたが、

世の中に対する不満が うずまいています。

 

とはいっても、

サイトの管理者が しっかりしているからだと思いますが、

実際の書き込みは

たしかに「不満」ではありますが、

読んでいると 納得できるものがほとんどです。

 

 

 


ちょっと笑ってしまったのが、

近所に新しいコンビニが オープンしたのだけれども、 店員が高齢者ばかりで、 仕事もおぼつかなくて、 全くフレッシュ感がなかった

というもの。

 

自分の家の近所にも 最近

「某牛乳タンクの看板のコンビニ」

がオープンしましたが、

 

新人のたどたどしさが ハンパじゃなくて、

オープン初日は、レジが大渋滞してました。

 

自分もそこそこの年数 コンビニで働いていましたので、

その辺のチェックは 厳しくなりますね。

 

働こうとする高齢者を

否定するものではないのですが、

 

オープン初日に向いているかといえば、

やはり疑問です。

 

お金を取り扱うので、

間違いがあると フォローするのが 大変ですしね・・・

 

 


なんでこうなるのか? といえば、

「給料が安すぎる」

これに尽きます。

 

よくコンビニの アルバイト募集のポスターが

店舗に貼ってありますが、

ほぼ、地域の最低時給です。

 

ちなみにうちの地域は 時給716円です。

 

各種商品小売業だと 時給 758円 です。

 

8時間働くとして 758×8=6064

 

20日働くとして 6064×20=121280

 

バイトだと通常 会社の健康保険、厚生年金ではないので

これから3万近く支払いがあるはず

 

実質手取り8万くらい・・・

暮らせなくはなさそうですが、

ちょっときついでしょう・・・

 

となると働く意欲があって

能力がありそうな人は あまり望めない・・・

ということになると思うんですが・・・

 

実際に店長とかやってみて、

給料と働く意欲との関係は、

なかなかむずかしいです。

 

基本的には 高い給料ほど良く働いてくれますが、

最初から高くすると、

「おやおや?」

と、いう人がまぎれてしまいますし、

 

最初の時給を低くすると、

ちゃんとした人が 集まりにくくなります。

 

オーナーというか、

フランチャイズの経営者は やったことはありませんが、

あまり売り上げが高くなると 人数も雇わないといけなくなるし、 能力がある人には それなりの給料を出さないといけないので、 そういう意味での損益分岐点があって、 売り上げも、優秀な人も 実はそれほど必要としてない

という人も実際にいました。

 

自分的には全くない考え方ですが、

一生この仕事をしていく人と、

 

いい仕事があれば、

いつでも転職しますよ

という人の違いでしょうね。

 

どちらがいいということは ないでしょう。

 

ただ、自分の経験上

この相反する考え方の人たちを

混ぜるととっても危険です。

 

なので、この 「不満買取センター」 にあったお店は

「そういうポリシーの店」

ということで、 理解しておけばいいと思います。

 

乱暴な言い方をすれば、

「違う店に買い物行けば?」

ということです。

 

決して、店のオーナーとか、

店員はそんなこと思ってないはずですが・・・

 

この不満を見て

こういうことを思う人がいるから うちの店ではこうしよう

という参考にするのが いいですね。

 

この回終了 では。


 

とりあえず、今日は「ONE PIECEの日」(7/22)

こんにちは やぐらです。

 

今日7月22日は 「ONE PIECEの日」 です。

1997年7月22日に 連載が開始されたそうで

今年で20年です。

 

ちなみに記念日の制定は

2017年(!)

ということで 今年からです。

 

自分的には、

「メジャーなものは無意識に避ける」

という癖があるため、

 

いまだに1話も読んだことがありません。

 

病院の待合室にあっても 読んでません。

 

こち亀」 は、基本1話完結なので、

待合室にあれば読みますが、

ONE PIECE は、 そうではないようなので

(ほんとに知りません)

 

「途中を読んでもねえ・・・」

 

ということで、 全く手を出さないでいます。

 

 

ものごとなんでも そうだと思いますが、

メジャーなものと、 そうでないものに分かれます。

 

順番をつけるものであれば、

当然1位から最下位までいます。

 

個人的には真っ先に メジャーでないほうに行きます。

 

パチンコ屋であれば、

客のいない、がらがらの店に行きます。

 

ラーメン屋も

1時間も並ぶような店は まず行きません。

 

パチンコ屋はその店で

たまに勝てるから行くのであって、

トータルですごい出てる店であっても

自分が出る台に座れなければ

意味がないからです。

 

ラーメン屋は、

待ち時間が長いほど

 

「みんなが食べたがってる」

「そんなにうまいのか?」

 

と、 ハードルが上がってしまってる

感じがしてしまうので、

 

待たされた分、

びっくりするくらいうまくないと、

がっかりしてしまうんですね。

 

自分はいま地方に住んでるので、

1年に1回とか東京に遊びに行きますが、

 

東京駅の地下のラーメン店で、

超有名、大行列な つけ麺を、

1時間ならんで食べてみましたが、

 

「まずくはないけど、そこまでは・・・」

 

ということで、2回目はいまのところなし。

 

ラーメン屋で2回行くところは、

今のところ2軒だけでした。

 

しかも、どちらも今は店がないです。

 

「どこかうまいもの知ってる?」

 

と聞かれますが、

紹介して 「よかった」 と、

いわれたことがありません。

 

「全く知りません。すいません。」

と言って逃げることにしてます。

 

さて、 「ONE PIECE」 ですが、

もし読んで面白かったとして、

「面白いねえ」

と、話しかけたときの 他の人の反応が

(なんか、話に混ざりたがってる・・・)

みたいに感じるのは気のせいですかね。

 

前に、実際に言われたことがあるのは、

「仲間内で話すから楽しいのであって、

 (その話題)だったら、

 誰と話しても楽しいわけではない」

ということでした。

 

これにはとっても納得してます。

コミュニティが先なんですよね。

 

楽しいと思うことは 一人で楽しむことにします・・・

 

また、全く関係ない方向に

行ってしまいました。 すまん。

 

では。

ONE PIECE

50円~


 

とりあえず、今日は船越 英一郎さんのお誕生日(7/21)


こんにちは やぐらです

 

今日7月21日は

「船越 英一郎さんのお誕生日」

です。

57歳なんですね。

 

いろいろ今話題の人なので ごくろうさまです、

としかいいようがありません。

 

どうしこうなった? という、

典型的な話のようですが、

 

あまり深く突っ込んでも、

ワイドショーその他の方が

詳しいと思いますので、

 

自分としては、

さらっと 上っ面だけなでていきます。

 


まず、束縛の強さが言われてますが、

GPSつけて監視していたとも 噂されています。

 

よく監視のきつい人がいますが、

ここまで監視して

どうしたいのでしょうか?

 

監視する人も

仕事とか用事とかあるでしょうから

24時間は見れないと思うのですが、

パソコンに行動の記録でも

保存しているのでしょうかねえ?

 

監視したがる人というのは、

 

1.自分に満足していない

2.相手を自分より下に見ている

3.仲間外れになるのが怖い

4.全てをコントロールしたいを思っている

5.相手のことが心配でたまらない

 

(参考:イケジョ通信

 

なんだそうでして、

「自分の方が上に立ちたい」

という気持ちが強すぎると

こうなるようです。

 

大人を支配下に置きたがるって

相当ですよね・・・

 

なにやら

船越さんの事務所の

弁護士が動いたそうなので

表面上はいったん収まりそうです。

 

男女問わず、

度を越える人との付き合い方は

むずかしいですね・・・

 

では。


今日は藤井聡太四段のお誕生日(7/19)

 

 

こんにちは やぐらです

 

今日7月19日は

藤井聡太四段のお誕生日」 です。

 

2002年生まれだそうで、

今日で15歳だそうです。

 

いやーまだまだ若いですね。

 

2002年なんて

自分からすれば3日くらい前ですよ

 

 

 

将棋の最年少プロとして大活躍中ですが、

その辺のことは、違う人におまかせして

 

自分的に気になっているのは

よく言われている

「1万時間の法則」

というやつです。

 

スポーツでも勉強でも

1万時間やれば、

誰でもプロレベルになれる

というものです。

 

藤井聡太四段は

5歳で将棋を始めたそうなので、

14歳で1万時間とすると

1日、4時間弱

将棋を勉強していたことになります。

 

ただ、将棋のプロになる場合、

 

研修会入り、

奨励会合格、

6級から三段までの昇段、

三段リーグ2位以内

 

と、いくつかのポイントがあるので、

1万時間の始まりはいいとして

どの時点までに1万時間やればいいのか

ちょっと、あいまいなところはあります。

 

で、 そもそもこの 「1万時間」 は、

だれが言い出したのかといえば

フロリダ州立大学の

K.アンダース・エリクソン博士が考案者で、

 

マルコム・グラッドウェルという人が、

著書 「天才! 成功する人々の法則」 のなかに書いて、

世の中に広まっていきます。

 

具体例として

ビル・ゲイツ

ビートルズ

モーツァルト

の話が書かれています。

 

 

ひとことで強引にまとめてしまえば

「必死に努力した」 と、

ありきたりな感じになってしまいますが、

実行するのは、

かなり大変です。

 

さらにですが、 「1万時間」 が、

有名になると

アンチな考え方も必ず出てきます。

 

 

 

 

ジョシュ・カウフマン: (アメリカの作家)

「たいていのことは20時間あれば  まあまあのレベルになれる」

と主張していて、

「1万時間」 は、

達人レベルになるための時間であり

 

「何もわからない状態」 から

「まあまあ良い」 までなら、

「20時間集中すればよい」

といっております。

 

ただ、この人の考え方では、

「1万時間」 自体は否定してないようで、

 

「まあまあ良い」 から

「プロでもトップレベル」 になるには、

1万時間必要である、

 

これは考案者の

「K.アンダース・エリクソン博士」

の、本来の考え方である、

と、言っております。

 

最近ですが、

なんか新しいこと始めようか? と、

思っていろいろ調べましたが、

 

どうも腰が重くて、

何も始めてません・・・・

 

ブログを書くのは、

20時間はさすがに越えているので

うまくなってますかね?

 

1万時間まで がんばります。

 

以上です。

では。