Pocket

 

 

 

 

無知は、示されてから気づくもの

こんにちは、やぐらです。

 

今回は、毎日見慣れていたものでも、なんで「そのようなシステム」「そのような形」になったのか?というのは、「だめな状態」を見てから初めて理解するものである、というような、文字にするとちょっと長いお話になります。

 

 

先日、自分の職場で商品の模様替えがありまして、ほぼ1日中作業していたようであります。

(自分も作業に参加していましたが、途中で時間通りに定時帰宅)

 

もちろん、現場からの意見でそうなったわけではなく、上の役職の人たちが、どうも定期的に売り場を大改造してしまうらしいのです。

自分は、商品の移動の途中で帰ってしまったので、完成型を見たのは翌日のことでしたが、これがまあなんとも、違和感どころか嫌悪感すら感じる状態にされていました。

 

特に、自分の体が拒否反応を示していたのが、「スイーツコーナー」になります。

 

背が高めの冷蔵ケース目一杯に各種スイーツが詰め込まれていまして、プリンアラモードが目線の高さにあったわけです。

 

ぱっと見で違和感がありました。プリンアラモードを下から見上げることになるので、プリンの上に何が乗ってるのか見えないのです。

 

(ずいぶん不親切な感じになったなあ~)

 

と、同時に

 

(そういえばケーキを見上げたことってないよな~)

 

とも思いました。

 

 

違和感の理由がわかりました。

「ケーキは見下ろすもの」だからです。

 

そもそも、変更前のスイーツ売り場も、高さが1mくらいの冷蔵ケースにありまして、商品を見下ろす感じになっていました。これだと一番上にプリンアラモードを配置しても、プリンの上になにが乗ってるのか一目でわかります。

 

そもそも、店舗の中にケーキの専門店が出店しているので、そこのショーケースを見ればすぐにわかります。ショーケースは1mくらいの高さで、店員さんと相対すると、店員さんの胸から上が見えるくらいの状態になります。

 

こう思うと、自宅の近所のケーキ屋さんも、某コージーコーナーも、そして某ローソンのスイーツコーナーも、某セブンイレブンも、みんなそうです。

 

うちの店の偉い人たちが、よく言えば、世の中の流れに逆らって、新しいことに挑戦している、悪く言うと、「なんにも知らない」のどちらかになります。

 

ただ、この目線の高さのプリンアラモードを見て、自分も初めて気づくところがあった、のは確かです。

 

 

 

 

 

 

ケーキ屋のショーケースの高さの理由

 ケーキ用のショーケースの高さが、なぜその高さなのか?という直接の理由を文章で、はっきり書いてあるものはちょっと見当たりませんでした。

 

そこで、業務用冷蔵ケースメーカーの製品を、いくつ見てみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手っ取り早く楽天で探しましたら、結構色んな種類を売ってました。

(本格的にお店をやりたい方は、専門の業者を調べたほうがよろしいかと)

 

共通するのは高さです。背が高いものでも1200mm以上のものは、ほとんどありません。やはりケーキは見下ろすほうが自然です。1番下の棚であれば、床から50cmくらいです。これも特に違和感はなく、見慣れた風景であります。

 

 

 

 

 

 

 

この人についていきたい、とは絶対思わない

 

想像ですが、世の中にケーキというものが登場してから、いくつかの販売、陳列方法が試されていまこの形に落ち着いている、というのは、ある意味完成形といえます。

 

ビジネスで成功するには、全くのオリジナルを考えるよりも、うまくいってることをマネしたほうが可能性は高い、といわれていますので、うちの会社(上の役職の人たち)は、今後会社の方針を現場で働いている人たちに、将来性を見せることができるのかどうか・・・・

 

まあ、自分は一番下っ端なので、

「いやー、部長って天才ですね~」

と言いつつ

(自分だったらこうするかも)

と、日記にでも書いておくことにしましょう。

 

(褒め倒す、というスキルは身につけておいたほうが無難)

 

 

自分が上の立場だったらどうするか?

自分は「実は何も知らない」という前提に立って、知っていそうなことも一から調べ直す、ということをしたほうが良さそうです。

 

もしくは、流行っていそうなケーキ屋にいって、陳列の仕方をパクってくるかもしれません。

 

または、現場の担当者の意見を聞く、1日中スイーツ売り場の付近でお客さんの動きを観察してみる、とか。

 

やり方はいくつかあるでしょう。

 

「自分のやり方は、100%正しい」

「自分は、神か天才である」

と、思い始めたらその時点で、成長、進化はとまります。

 

人間のやることは「永遠のβ版」という認識くらいがちょうどいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

可能性は、まだまだある

 こんな状況の店内ですが、このあとどうも社長か次の役職の人が、売り場を見に来るらし、のです。

 

現場の従業員間では、その視察が終わったら

(こっそりちょっとずつ商品の配置を変えちゃおう)

という「合意」が 、すでに出来上がっています。

 

 

このままだと、いまいち売れない商品が長居することになってしまうので、売れる商品を多く陳列したいところです。これは、現場の体感とPOSデータの方が遥かに正確です。

 

まあ、下っ端から偉い人達に希望するのは、外部からとにかくおっ客さんを引っ張って来てもらいたい、ということです。「集客」に専念してもらえば、現場に口出すよりも売上があがりそうですが・・・

(といいつつ、責任はとれないので、黙ってることにする)

 

 

なぜそうなったのか?を考えることは重要 

 普段なにげなく使ってるもの、慣れ親しんだシステムが、なぜそうなったのか?を考えることは、とても大事です。また、人間の感情も、何があってどうしてそう思うようになったのか?ということも重要です。

 

今回の例だと、自分の違和感から発展して、「こういうことで、こうなってるんだ」というのがわかりました。結果、ひとつ賢くなりました。

 

日々の生活でも、ほんのちょっとだけいろんなことに興味を持ってみましょう。

 

では。

 

 

(PR) 

個人的に、無性に食べたくなるスイーツ屋さんです。

フィナンシェがおすすめ。

かなり濃厚ですよ