おそらくですが、人混みの中に石を投げると、高確率で「クソ上司」に当たると思われます。

 

「こんな上司いてさあ~」

なんて話になると「あるある大会」が始まるくらい、ほとんどの社会人が経験しているのではないでしょうか。

 

聞いてる分には、「ご愁傷様です」と笑っていられますが、本当に自分の上司が「クソ上司」だった場合には、もはや笑い事では済まされないことが多々あります。

 

 

とにかく職場で過ごす時間は人生においてかなりの割合になるはずです。「クソ上司」と共に過ごす時間は「ただの人生の無駄遣い」になってしまいます。

 

こういう上司に出会ってしまった場合の対象法を解説していきます。

 

「クソ上司」の特徴を知り、その対策を取ることであなたの被害を最小限にし、快適な社会人生活が出来るようになるでしょう。

 

クソ上司のムカつくところ1位は?